第735回「解散の意味をはっきり伝えよ」

 深谷隆司の言いたい放題第735回

 「解散の意味をはっきり伝えよ」


今日(928日)衆議院が冒頭解散となる。またまた小池劇場が始まって、駆け込み寺のように我も我もと有象無象が目の色変えて擦り寄っていく。もはや国を愛する心も、どう政治を行うかの政策も何もない。ただ当選してバッジを着け、税金という多額の収入を得てのうのうと暮らそうという魂胆だけが見えて情けない。

平成5年、大変な騒ぎで細川政権が誕生した。思想や政策に関わりなく8党会派の寄り合い所帯、結局、消費税をめぐって対立し、肝心の予算編成も出来ず、その上、不正腐敗までわかってわずか8ヶ月でつぶれてしまった。

平成22年、政権交代の大合唱で民主党政権が誕生したが3年も経ず、国政のマイナスと後退をもたらしただけで崩壊した。

今回の大騒ぎを見ながら、こうした過去の経験則が生かされなければ、このかけがえのない大事な日本はどうなってしまうのかと、強い不安を覚えてならない。


突然の解散に、森友問題や加計学園問題逃れだと、ことを矮小化して批判する向きもある。この際、安倍総理はなぜ解散が必要なのか、もっと明確丁寧に示さなければならない。

私は解散の時期は今をおいてないと思っている。最大の理由は北朝鮮の脅威だ。3日には6回目の核実験を行い、15日には中距離弾道ミサイルを打ち上げた。約3700キロの飛距離はアメリカ本土をいつでも叩けるとの挑発である。

トランプ大統領の過激な発言をふくめ、もはや許容限度を越えている。いつ極東での戦争が起ってもおかしくない状況になっている。又、国連で決めた経済制裁もこれから徐々に影響し、北朝鮮が追い込まれていくことは間違いない。

おそらく来年は戦後最大の安全保障上の危機に直面する可能性が高い。衆議院の任期は来年12月までだが、この機を逃すと、国際社会、とりわけ極東地区の混乱の中で選挙を強行しなければならなくなる。そんな年に選挙など行える筈もない。

朝鮮有事を含め、あらゆる事態に備え国民の生命財産を守らねばならない。今こそ国民の信を得て、力強い外交を進め、北朝鮮に毅然とした態度をとる必要がある。

未曾有の危機への判断と対応を誰に、どの党に任せるのか、今が重大な選択の時だと思う。烏合の衆のにわかづくりの政党には、国難に立ち向かう決意も能力も政策もない。

なんとしてでも安倍政権、自民党を勝利させ、この国難を乗り切る自信とエネルギーを与えて欲しい。私は今必死にそう思い、後輩達のために戦う決意でいる。




第734回「超多忙、都連会長選びなど・・・」

 深谷隆司の言いたい放題第734回

 「超多忙、都連会長選びなど・・・」


都議会自民党が歴史的敗北の後、都連会長選びを意識的に遅らせてきた。あわてて周章狼狽するよりも、天下の態勢を見ながら落ち着いて再出発すべきだと考えたからだ。心無き衆生は「会長選びも出来ない都連」と揶揄するが、そんなアホな声は無視するしかない。

新しい出発には、どんな形の会長選挙が必要かと、824日、支部長常任総務会が開かれ、「会長選考あり方検討委員会」が作られた。不在中なのに私が委員長に任命された。困った時はなんでも「深谷」、とテレビで言っていたが・・・。

913日、第一回会合で様々な意見が出され、これをまとめて私が「開かれた選挙」の具体的な案を提出することになり、準備万端整えた。しかし、なんと突然、雲行きが変わって、928日に解散となるらしい。私の誕生日前日だ。

23日、急遽都連幹部と会い種々相談した。27日に会を召集、同時に支部長常任総務会も開き、一挙に新会長を決定するしかない。一体誰が適任か、私の責任は重く、当分、苦労と悩みが続きそうだ。


拙著「本当はすごい日本人」の広告が99日、日経、産経、毎日新聞に出た。三省堂、紀伊国屋、丸善などでベストセラーランキング第一位となっている。出足は好調のようでほっとしている。1年がかりで心をこめて書いた本、私の遺言のようなものだ。皆に是非読んで欲しいと切に願っている。


依頼されていた仕事は300号の「黄龍」作成、なにしろ畳六畳の大作、箱根の中野嘉之先生のアトリエに16日から4日間こもって描き続けた。女房、中野先生夫妻の協力を得たが、何しろ老人ばかりでしんどかった。出来は上々、やがて新潟の医療法人徳真会の壁で咆哮するに違いない。


さて箱根から東京に戻るべく荷物をまとめていた女房、階段から足を滑らせてなんと肩を骨折、箱根の病院を探したが埒が明かない。東京全日空ホテルにある元赤坂クリニック仲尾先生に急遽連絡、指示にしたがって体をガムテープなどで固定し、和泉君の運転で病院に直行した。

あれから今日で4日目、明日25日の診察で手術かどうかが決まる。痛みに耐える女房を見ると可哀相でならない。上手くいくといいがと祈るのみである。

この間、松村先生、中野先生、箱根神社の小澤宮司、富士屋の鈴木氏など多くの人たちに親身に及ばぬご配慮を頂いた。孫達含め親族一同も毎日全員集合、かえってにぎやか過ぎて困るぐらいである。女房の人気は私より高い?


ブログで「韓国嫌い」と書いたら、早速夕刊フジの取材を受け、920日、「深谷隆司元通産相激白」と写真入で大きな記事になった。事実無根の慰安婦や徴用工の問題を蒸し返す文政権のおかしい対応について、具体的な反論を試みたのだが、記事は正確に私の主張を書いてくれた。これからもあらゆる問題に大胆な真実の主張を続けたいと思っている。


地元の代議士辻清人、今度選挙区に荒川区が加わるので松島みどり代議士と連日応援依頼で慌ただしい。夫妻で見舞いに来てくれた服部区長や中屋都議などと連携、万全の選挙体制を作るつもりだ。

超多忙で心身ともに疲れているが、自民党政経塾、温故知新塾も連日続く、張り切っていこうと自ら鼓舞している。




第733回「小池独裁政党か」

 深谷隆司の言いたい放題第733回

 「小池独裁政党か」


小池知事が特別顧問を勤める地域政党都民ファーストの会が荒木千陽都議を新代表に選んだ。ところが13日に開かれた議員総会で「一部の意向で密室で代表が決まった」と珍しく批判の声が起こった。

都議選前、小池人気で戦うため自らが代表に就任、選挙が終わると側近の野田数知事特別秘書が代表に就任、さらに今度は荒木代表とめまぐるしい交代劇となった。この人も小池氏の元公設第一秘書と側近である。人事を決めたのは小池氏と2人の幹部のみ、所属議員には事前に全く知らされず、同日午後メールで報告があっただけだという。所属議員には言論統制まで敷かれて、記者が何を聞いてもノーコメント、いくら素人集団とはいえ、これでは政党の体をなしていない。

密室で様々なことが決まるブラックボックスだと都政、特に自民党都連に対して散々批判をしてきたのに、天下を取ったらあからさまな独裁体制を敷く、いまやブラックボックスは都民ファーストの会なのである。

都政は二元代表制で、知事も都議もそれぞれ都民が選出する。大きな力を持っている知事に対して、都議会が緊張感を持って対応し、都民の意思を反映させてチェックすることが二元代表制の意義である。

55人と最大政党になった都民ファーストの会、小池知事の「言いなり集団」では、まさに都民への裏切り行為、あきれるばかりである。


一方、選挙で大敗北を喫した自民党都連、下村会長の辞任に伴い、次期会長をどのように決めるか、様々な意見が出されている。

丁度、私が孫に乞われてハワイ旅行に出かけていた最中、支部長常任総務会が開催され、新たに「会長選考あり方検討委員会」が発足、そこで協議をすることになった。なんとその委員長が満場一致で私に決まったのである。何かがあると最高顧問の私にお鉢が回ってくる。ありがたいことなのか、困ったことなのか、まあ、役立つ内は皆の期待に応えてしっかり努力しようと思っている。

13日、11時から早速第1回の会合を開いたが、1時間以上議論続出、久しぶりに活気が出たようで嬉しかった。

会長選挙は党員参加の「開かれた形」で行おうということになった。10月早々に2回目の会を開き、今回の議論を踏まえ、私から具体的な案を示す予定だ。  

都民ファーストの会の騒ぎと偶然同じ日であったため、大変な数の記者やテレビカメラに囲まれて、私が記者会見をしたが、ニュースには全くのらず、もっぱら話題は都民ファーストばかりであった。

立派な会長選挙を行い、これを自民党都連再出発のスタートにしたいと思っている。

閑話休題、会が終わって会長室で何人かの人が残って懇談、席上、

松本文明代議士「会長には深谷先生が適任、他に人はいません」

私「悪い冗談はやめてくれ、この老人にそんなことを言うのは死ねということだ」

松本代議士「いいじゃないですか、これだけ長く生きてきたのですから」

私「・・・・」。

愉快な仲間達ではあった。