第865回「日本学術会議は廃止せよ」

 深谷隆司の言いたい放題第865回

 「日本学術会議は廃止せよ」

 日本学術会議が会員として推薦した候補者の内、6人が認められなかったとして、大きな騒ぎになっている。最初に報道したのは「赤旗」で、1面トップのスクープ記事であった。

 学術会議とは内閣の管理下にある機関で会員210人、任期6年で3年ごとに半数が交代する。会員は学術会議が選考して首相に推薦し、これに基づいて首相が任命することになっている。しかし、不思議なことに今まで推薦した候補者が任命されなかった例はない。

 逆に言えば、推薦すれば100%必ず任命されるなら、任命権は推薦者が持つことになるが、そんな権限は本来彼らにない。

 任命権を持っているのは内閣なのだから、今回のことは内閣法に基づいて任命権を行使したに過ぎないのであって全くの適法なのである。学者が、国民が選んだ議員が国会で決めた総理大臣より権限が強いなどとんでもない錯覚だ。

 任命されなかった人が、「学問の自由への乱暴な介入」と批判しているようだが、別に会員でなくとも大学での研究が妨げられるわけでも制約されることでもない。

 会員という権威を得ることと学問の自由を混同するような非倫理的学者は、そもそも会員にふさわしくない。「もしかしたら特別職国家公務員としての権威と手当てが欲しいのではないか」と批判する人もいる。


 令和2年の予算を見ると学術会議に10億5千万円が計上されているが、今までの莫大な予算で、一体、学術会議はどれだけの仕事をしてきたのか。

 私が印象に残っているのは、平成29年に彼らが出した「科学者は軍事的研究を行わない」という声明ぐらいだ。武器になるような技術の開発は行わないと勝手に決め、全国の大学、学者に圧力をかけている。

 永田恭介筑波大学長は、「コロナウイルスに対するワクチン研究は生物化学兵器に転用される可能性があるが、その選別は難しい」と言っている。自衛のためにする研究もダメと言うのは、憲法23条が補償する「学問の自由」を制約することになる。

 もう一つあげれば中国科学技術協会と北京で覚書をかわしたことだ。中国の軍事転用可能な技術に協力する日本科学者の窓口になっていないか。とんでもないことだ。

 天文学者の戸谷友則氏は、学術会議は「学者の国会」と言う人がいるが、87万人の学者が選んだ代表ではない。新会員は学術会議の中で決めていて、会員でない大多数の学者は関与もできないし選挙権もない。「学者の国会等と言ってもらいたくない」と批判している。 

 学術会議は閉鎖された特殊社会であり、独りよがりの色合いが濃く、押しなべて反権力、このような場所は進歩的左翼が育つ絶好の場所ではないか。

 内閣府に反政府の機関があること自体おかしいと私は思っている。

 既得権益にすがり、存在理由の分からないこのような機関こそ、菅総理が言われる「悪しき前例打破」の対象だ。

 廃止を含めて是非国会で論じてもらいたいと願っている。




第864回「誕生日あれこれ」

 深谷隆司の言いたい放題第864回

 「誕生日あれこれ」

 9月29日は私の誕生日で、この数十年、親しい人たちと一堂に会して旧交を温めるパーティーを開いてきた。ところがコロナ騒ぎ、密を避けるために今年は中止となった。

 昭和天皇崩御の1989年、喪に服して帝国ホテルでの誕生会を中止したことがあったが、今回の中止はその時以来実に31年ぶりのことである。


 皆に残念がられて、そのため誕生日の日は朝早くから祝い客が訪れ、花やお祝いの品が山になった。家族一同応対に必死で、私も礼状を書くだけで腱鞘炎気味となった。

 前日、都連の支部長常任総務会があったが、私の挨拶の紹介で萩生田文科大臣が誕生日のことに触れ、「あと20年は頑張ってください」。

 早朝から、浅草寺、浅草神社、銭塚地蔵堂、そして父母の眠る五重塔をお参りし、ほぼ5千歩のウォーキングをこなした。相変わらず「耳鳴り」はあるが、健康そのものといった実感がある。家内も元気、家族親族も健康で、本当にありがたいことと神仏に感謝している。


 それにしてもこの年はいろいろなことがあった。中国武漢から起こった新型コロナは、100年前のスペイン風邪を彷彿とさせる。あの時は世界人口の4分の1が感染し、死者は数千万人に及ぶと言われた(1700万人〜1億人との推測があり定かではない)。コロナはまだ終息の気配はなく、来年のオリンピック・パラリンピックの開催さえ危ぶまれている。

 なんといっても大きなことは安倍政権から菅政権に代わったことである。あれほど批判されていた安倍氏に対し世論は70%を超える高い評価になった。世論と言うのはそんなものだ。不思議と言うより私は当然と思っている。安倍前総理は「中興の祖」なのだ。

 菅政権にも大きな支持が集まっている。秋田県の農家の出身、小此木彦三郎代議士の秘書11年、横浜市議から国政に、そして天下を取ったのだから見事なものだ。

 コロナで今後日本は経済的にも大変な時代を迎える。中国、北朝鮮、韓国も含めて近隣諸国の動きは安全保障の面からみても不安ばかりだ。

 カリスマ性はないが実務能力には長けていると定評だが、これは官房長官時代に実証済みだ。既得権益を守ろうとする悪しき前例主義をぶっ壊し、国民のための内閣を作るというが頼もしい面も多い。大いにみんなで支えていきたいものだ。


 自民党政経塾も温故知新塾も、今や活況を呈している。塾生たちの真面目な姿に触れ、一層頑張らなければと思う。1月からは月刊「HANADA」の私のコラムも始まる。

 来年は都議会選挙、その前後に国政選挙もある。文京区の中屋文孝、台東区の新人鈴木純、更に国会では辻清人、松島みどりといった後輩たちの必勝のため、獅子奮迅の働きが求められる。

 歳をとったなどと言ってはいられない。やっぱりあと20年は頑張るか!




第863回「靖国参拝」

 深谷隆司の言いたい放題第863回

 「靖国参拝」

 19日午前、安倍前首相が靖国神社を参拝した。「内閣総理大臣を辞任したことを御英霊にご報告した」とツイッターに書いている。安倍氏の参拝は第2次政権の発足から1年後の平成25年であったが、その後中国や韓国の反発を踏まえ参拝を見送り、今回が7年ぶりとなった。

 中国や韓国の言い分はA級戦犯が合祀されているからということだ。しかし、勝者が裁く東京裁判で戦犯とされたが、日本の国会では国内法による犯罪者ではないと決議しているのだ。

 1985年、中曽根総理が参拝された折、朝日新聞が報道し、史上初めて中国共産党政府が公式に非難を表明した。それまでは一切言及はなく、当然のように歴代首相および閣僚が参拝していたのだ。過去11人の首相が参拝している。

 靖国神社は日本国の為に命を捧げられた人々の霊を慰め、その事績を後世に伝える場所である。本来他国からとやかく言われる筋合いはない。

 韓国ではかつての親日派の墓を暴いて死者に鞭打つことさえしようとしているが、そんな国に迎合することなど全くない。 

 私は閣僚時代何度も参拝をしている。息子は孫を連れて終戦記念日に参拝を欠かさない。神仏に手を合わせ崇敬することは日本人の文化であり、誇りである。何の遠慮もいらない。堂々と参拝し、あわせて世界の平和を祈っていきたい。