第900回「政治家も官僚も真剣であれ」

 深谷隆司の言いたい放題第900回

「政治家も官僚も真剣であれ」

 内閣支持率が低迷し続けている。

 菅首相は東京五輪、パラリンピックを無事終了後、ワクチン接種でコロナ禍の終息が見えてくる中で衆議院選に臨み、その成果で総裁選を無投票で乗り切るつもりであったのではないか。しかし、デルタ株による感染が拡大、緊急事態宣言の延長の状況から、そんな思惑は通用しなくなっていた。

 私は総裁選をしっかり行えば、その間、マスコミ報道は自民一色になる。そこで候補者それぞれが国を憂い、政策や国家観を示し、国家国民の為に人生を捧げると真剣に訴えてくれれば、自民党に対する見方も変わってくると期待していた。 

 様々なルートを生かしネジを巻いたが、岸田文雄氏が名乗りを上げ、下村博文氏、高市早苗氏が意欲を示すにいたった。下村氏は早々に辞退したが・・・。

 ところがこうした動きに菅首相は、二階幹事長の交代を軸に党役員人事を替え、内閣改造等を行うとの挙に出た。

 場合によっては総裁選を先送りし、直ちに解散総選挙を行うのではないかとの憶測まで飛んだが、菅首相は直ちにその動きを否定した。まさか首相たる人がそんな小細工はしないと信じていたが、正直ほっとした。

 野党立憲民主党は政権交代をしきりに言うが、枝野幸男代表の評価は低く、党内でさえ選挙の顔には無理という声ばかりだ。自民党は党員投票も行うから、この際堂々の論陣を張って選挙に臨んで欲しい。大事なことは「政治家として真剣に!」ということなのだ。

 バイデン米大統領は、アフガニスタン駐留米軍の撤収を完了させ、退避作戦を大成功と言い切っている。

 約20年に及んだ米国史上最長の戦争に終止符を打ったのだが、統治能力もないイスラム原理主義勢力タリバンがアフガニスタンをこれからどうするのかの見通しもなく、多くの米国人を置き去り、なによりもテロの脅威が去ったわけではない。それで大成功などと嘯く姿に、日米安保に対しての不安を抱くのは私だけだろうか。

 アフガニスタン首都が陥落した直後、日本の大使館は現地職員を置きざりにしてさっさと逃げ出し、救出作戦にも失敗した。

 最後の米軍機に米国大使が乗ったとの報道があった。又、英国大使は、カブールにとどまってアフガニスタン協力者のビザを出し続けたという。

 81年前、リトアニアで領事代理を務めた杉原千畝は、故郷を負われたユダヤ人に対して、反対する政府の声を無視してビザを発給し続けた。外務省は彼を移動させるが、汽車が発車するまでサインを続け数千人の命を救った。

 私が月刊誌「Hanada」で「満州引き揚げ体験」を書いたが、大東亜戦争終戦時、大陸各地や南方の島々に残された日本人は約650万人、そのうち帰国できたのは629万人であった。4年間で実に約97%の日本人が帰国できた。人類史上最短かつ最大の民族移動が行われたのだが、これは厚生省引揚援護局の官僚たちが真剣に努力してくれた賜物であった。

 今、日本大使館に勤めたアフガン人職員や家族が約500人残され、タリバンによる迫害にふるえている。

 歴史に残るあの真剣な日本の官僚たちの姿はどこに行ってしまったのか。

 韓国紙は「カブールの恥辱」と日本を馬鹿にして書いたが、本当に恥ずかしいことだと思っている。

 政治家も官僚も、真剣に国家国民の為に努力してくれと、訴えたい思いである。



第899回「種々雑感」

 深谷隆司の言いたい放題第899回

 「種々雑感」

 8月24日、東京パラリンピック開会式が行われた。この障害者スポーツの祭典には161の国・地域と難民選手団が参加、史上最多の約4500人がエントリーした。日本選手も過去最高となる254人が出場する。

 自分の体のハンディを乗り越えて、勇躍参加する選手たちをテレビで見つめながら、昭和56年10月に、千葉県稲毛で開いた「国際アビリンピック」を思い出していた。

 私が労働政務次官の時代で、計画づくりから予算づくり、更には外国との交渉まで一手に引き受け、完全な裏方に徹して実現させた身障者国際技能競技大会である。

 アビリティ(技能)とオリンピックを結んで「アビリンピック」としたのだが、この命名も大きな話題となった。

 54ヶ国の代表800人が参加し技能を競い合ったが、当時の皇太子両殿下が来られた。今の上皇殿下ご夫妻だが、今から40年前のこと、私が45歳であった。あっという間に時は流れ行くと思った。

 東京オリンピックは開催して本当によかった、大成功であったと改めて思う。

 橋本聖子会長が開会前、「祝祭感を出来るだけ抑えるのが大きな課題だ」だといっていた。五輪に反対する声に押されてのことであろうが、私はまさに国際的な世紀のお祭りで良かったと思っている。

 国を超えての友情も芽生えた。男子陸上800メートルで交錯して転倒してしまった2人の選手が、お互い責めあうどころか、にっこり笑って再びレースに参加、声を掛け合いながら同時にゴールインした姿など、素敵なシーンも多かった。 

 優しさや労りといった感動的なシーンが随所にみられたが、まさに国際的お祭りであった。

 ただ始まる前は反対の声が酷かった。マスメディアや野党が五輪を利用して、コロナと絡めて政府を貶めるために五輪反対を叫んだからとしか私には思えなかった。

 「五輪の開催で国民の気が緩んで人流が増え感染が拡大する」と、専門家代表尾身会長が言ったが、東京都の主要繁華街の滞留は7月1日以降は減少傾向にあり、五輪が開幕した7月23日から減少が加速していた。

 「国民の気の緩み」などいう立証も反証も不可能な非科学的精神論など感染専門家の言うべきことではない。

 尾身会長は自分の立場がよほど偉いと完全に勘違いしている。

 25日の衆議院厚生労働委員会で、国際オリンピック委員長の来日に触れて不快感を隠さなかった。バッハ会長は23日来日し、24日のパラリンピック開会式に出席した。

 「なぜわざわざ来るのか。コモンセンス(常識)で判断できるはずだ。関連行事への参加もオンラインで出来るじゃないですか。銀座へも1回行ったんでしょう」

 国会とお茶の間の区別も出来ていないピント外れのアホな発言だが本人は全く分かっていない。

 無礼極まりない話で、国際的な礼儀もわきまえていない。彼の役目とは全く無関係なことを国会で述べるなど、あんたのコモンセンスはどうなっているのかと聞きたいくらいだ。

 更に「政府が感染対策と経済活動の両立を目指したことが、時に矛盾したメッセージになる」とも批判した。政治が感染対策だけで過ごしたら国家の存立そのものが破綻する。

 コロナを如何にして抑えるかを科学的、医学的に解明して政府の諮問に応えるのが彼の役目なのに、全然果たしていない。それが出来ずに、日本中を感染拡大の猛威に晒させた。彼こそ感染拡大の元凶だ。菅首相は一刻も早く彼を罷免すべきだ。

 自信のない顔をしないで堂々国民に訴え、国民と共にこの困難な時代を乗り切っていかなければならない。

 野党も相変わらずお粗末だった。

 蓮舫議員は「五輪を中止しなければ国民の命が守れない」と参議院予算委員会で菅首相に詰め寄っていた。

 首相の指示と組織委員会のコロナ対策は着実に管理・運営されていた。

 しかもこの時蓮舫議員は「国民と選手が同時に搬送された場合、どちらを優先して治療するか」と追及した。

 総理が「選手などが一般国民と交わらないようにする」と答えると、「総理、日本国総理大臣として、答弁はたったひとつ、守るべきは国民じゃないですか、ちょっと私びっくりしました」と言ってのけた。

 びっくりしたのは聞いている私の方で、「合法的に滞在している外国人に対して自国民と同じ法的保障と権利を確保する」は国際常識ではないか。

 外国人を無視する発言は許されないことで、人権問題がこんなに騒がれている時だから、マスコミは当然大きく取り上げると思っていたら、ほとんど話題にもしなかった。蓮舫議員などマスコミは存在も認めていないというなら、これも一つの常識か。

 相変わらず朝日新聞は最悪だった。散々反対したのに、五輪のオフィシャルパートナーとは最大の欺瞞ではないか。

 しかもいざ始まると、あきれたことに舌の根も乾かぬうちに五輪メダルラッシュを大喜びで報道し、五輪一色になっていた。商売一途なのだ。

 テレ朝などは終わるとカラオケ屋で、スタッフが打ち上げの飲み会を開き、果ては女性スタッフが酩酊してビルから転落、救急搬送され入院までした。テレビで詫びていたが、「お詫びで済ませることは許されない」と政治家の事件などでいつも言っていたのは誰かと聞きたくなる。

 ともかく思うことは多い。暑さの中だけに、苛立つことは老体に良くない。

 この上は素直にパラリンピックの応援にまわろう。

 普段彼らがどんなに苦労し、必死に鍛えてきたことかなどに思いめぐらしながら・・・。



第898回「この事態を乗り切るために」

 深谷隆司の言いたい放題第898回

 「この事態を乗り切るために」

 コロナ感染急増が続き、毎日、感染者数、重症者数の最高値を更新している。政府は発令中の緊急事態宣言を来月12日まで延長し、更に7府県に拡大、蔓延防止等重点措置についても他県に拡大させることを決めた。

 日本の新規感染者数は、フランスと比べると2分の1だが、現状は油断できない状態にきていることは確かだ。

 専門家の代表尾身会長は参議院内閣部会で、「今の感染を下げる要素はあまりない」とまるで無責任な諦観論だ。感染症との戦いの最悪なことは諦観で、そこまで言うなら専門家会議など存在価値はない。

 メディアは、国民が慣れっこになっていて、「人流を減少させたい」といくら政府が言っても効果が無いのだと突き放している。そして、だらだらと危機感だけを無意味に煽っている。

 菅首相はじめ政府関係者は懸命に努力しているのだろうが、政治は結果が勝負である。

 世論調査では菅内閣の支持率は減り続け30%を割るかという危険水域に達している。辞めるべきと言う人が50%を超えているというが、辞めさせて後はどうすればいいというのか。

 なんだかみんながみんな、全てを他の人に押し付けて、自分は関係ないと無責任な「異常事態」になっているのではないか。

 「もう、打つ手がない」というがやるべきことは沢山ある。ワクチン接種を済ませた人はまだ37%、これを加速させることが緊急課題だ。そしてこの状況に学んでワクチンを外国ばかりに頼るのではなく、強力な予算を組んで、ワクチン国産を急がなければならない。これは国の安全保障問題なのだ。

 「ワクチンパスポート」を海外渡航時だけでなく、国内ツアーやイベント参加にも活用し、更に介護施設や医療機関の面会など、活用範囲を国内に広げていくだけでその効果は大きくなる。

 「1億総ざんげ」と言う言葉があるが、この際全ての人がしっかり自覚して、自分がやるべきことを責任持ってやることが必要なのだ。

 嘆くだけ、批判だけ、不満だけの日々を切り替えて、さあ、この難局を皆で乗り越えていこうではないか。