第680回「いずみ都議圧勝」

 深谷隆司の言いたい放題第680回

 「いずみ都議圧勝」


台東区は都知事選挙と同時に行われた都議会補欠選挙で、私の愛弟子の和泉浩司(いずみひろし)が、53,920票を獲得し、相手候補を実に21,700票も差をつけ圧勝した。和泉新都議会議員誕生は、全力で応援した私にとって大満足の結果であった。

和泉君を自民党公認に決定したのは、自民党台東総支部(私が総支部長)の総務会で決めた選考委員会であった。候補の一人太田区議会議長は党議に気持ちよく従ったものの、公認から外れた保坂区議は一時、無所属で出馬する動きを見せた。急遽開いた選対会議で私は激怒したものだが、結局、最後は円満に解決して、全員一致協力しての応援体制となった。寺井、石塚、石川、望月、鈴木、小島等自民党区議団も必死だった。隣の文京区から中屋都議が連日通っていた。 

公明党議員、無所属の5人の区議も応援に入ってくれた。

私の後継者である辻清人代議士を選対本部長に就け、初の体験をさせたが、張り切って飛び回り、大きな成果を挙げ意義があった。安倍医師、政木会長ら後援会の面々も熱が入る。まさに総力戦となった。

和泉君は最初、演説も行動もぎこちないものがあって、私は何度も叱咤激励した。家内からあまり叱っては気の毒だと言われたが、勝つためには必要なことと意に介さなかった。

 和泉君は応援者の温かい支援を受け、感謝の心で必死に運動を展開した。演説も政策的内容も次第に充実していった。最後の母校桜橋中学校での演説会では家内はじめ子ども達が皆涙した。私も思わず彼の手を握り「100点だ」と叫んだ。本当に都議会議員らしい風格が備わり立派になっていったのである。

 因みに和泉君の票は区政始まって以来の最高点、しかも小池都知事が台東区で得た票43,852票より1万票も多く、大いに溜飲をさげたものである。

 来年7月には又都議会議員選挙がある。和泉君には明日から選挙戦が始まると思えと念を押した。


 都知事選挙は小池氏の圧勝で終わった。自民党前衆議院議員でありながら、都連や都議団を批判し、個人で組織に挑む姿勢を強調した。強いて敵役を作り、これに果敢に挑戦するポーズ、まさに小泉流の劇場型選挙の演出であった。

舛添前知事が辞任願を出すと、主要三候補の中で誰よりも早く出馬を表明した。事前に党の了解も得ないでの出馬に党内の顰蹙をかったが、保守分裂の中、逆に同情票を集め、なんと自民党支持層の55%が小池氏に一票を投じた。

私の場合、出陣式の当日、突然石原会長から増田氏の確認団体の選対本部長就任を依頼された。前回の折は、党本部の石破幹事長からの手厚い依頼で、しかも十分な時間的余裕があった。

あまりに急の依頼に体制を作ることも出来ない。全体会議を開くべく何度も要請したが、ついに一度も出来なかった。代わりに確認団体の大会を23区と三多摩で開き、これは大成功であったが、やるべきことがやれないで私の心に大きな悔いを残した。私は知事選挙、地元の都議選挙で超多忙な日々が続いた。

増田ひろや候補は、元総務大臣であった。私は郵政大臣と自治大臣を勤めたがこの二つが合併したのが総務省、いわば私の大事な後輩大臣の一人で、好感を抱いていた。実直で誠実、何よりも地方自治に明るく、防災担当大臣であっただけに、東京の遅れている防災対策を確立してくれるとの期待があった。

しかし、知名度が全くなく、常に小池、鳥越氏の後塵を拝し、結局小池氏に大差で敗れた。敗れた直後、彼から感謝と不徳をわびる電話が入った。なんとも言いようがなく、ひたすら体を大事にと慰めるのみであった。


戦いは終わった。都政の安定こそ急務だ。やらなければならない課題が山積している。小池氏にはぜひとも、地に足をつけた都政を進めて欲しい。

都議会と対決するのではなく、いずれも都民の代表なのだと自覚して、都民のための都政を打ち立てて欲しい。


私はこれから、依頼されている150号の虎の絵に取り組まなければならない。 政治の雑踏?を避けて箱根の山荘にこもってしばらくは絵描きの真似事で過ごそうと思っている。



第679回「選挙、いよいよ終盤戦へ」

 深谷隆司の言いたい放題第679回

 「選挙、いよいよ終盤戦へ」 


都知事選挙と、台東区の都議会議員選挙が重なり、いずれも私が選対の責任者、まさに席の暖まる暇もないほど追いまくられ、連日奔走している。

増田ひろや都知事候補は、ようやく知名度も上がり、今小池候補とトップ争いをしている。鳥越候補は病弱の上、女性スキャンダルで大きく後退したようだ。

増田候補は各所の演説会をこなし、その誠実さと、何よりも行政能力が長けていることから大きく信頼を集めている。あと一歩で勝てるといった実感である。

25日には立川グランドホテルで三多摩の各種団体決起大会が行われ、私も演説に立ったが、千人を越える大盛況であった。三多摩地区は23区に比べて多くの格差があり遅れている。この改善は都知事の重要な役割だが、増田候補はその点を十分心得ていて何度もこの地を訪れている。

応援弁士で茂木選対委員長が出席していたが、「深谷先生が通産大臣の時、自分は政務次官でした」と感慨深げに挨拶していた。

26日には党本部で23区各種団体の決起集会、ここは聴衆がメインホールに溢れ、他の階でモニターを見るといった嬉しい状況であった。

久しぶりに石原慎太郎氏が応援に駆けつけ、「厚化粧の女では都政は無理」と相変わらずの毒舌であった。言葉は悪いが、小池氏の個人的問題点を知り尽くしている人の発言だけに重みがあった。

石原氏が初めて都知事選挙に出馬し、美濃部亮吉氏と戦った時代を思い出す。

私は遊説責任者だった。この時以来裕次郎と知り合い、彼が亡くなるまで親友づきあいが続いた。慎太郎42歳、私39歳の若手代議士、時は流れ、もう41年も昔のことである。


台東区の都議候補いずみひろしの選挙戦はきわめて順調で、辻代議士をはじめ区議会議員たちが一丸となって連日頑張っている。私は毎朝8時の選対会議から出席、詳細にわたって指示を出し万全を期している。

演説会は毎日開き、私も2箇所3箇所で熱弁をふるっている。難しいと思われた谷中小学校も満員だったし、昨夜、私の地元田原小学校も満杯であった。

いずみ候補の演説も本物になった。都議にふさわしい内容と意気込み、それが有権者に伝わってきている。風格も出てきた。

297時からは彼の地元桜橋中学校が演説会場、30日の最終日は隅田川の花火大会と重なるので、3時に事務所前で打ち上げ演説を行う予定である。

必ず勝てる! しかし投票箱の閉まるまで絶対に油断なく、最大の努力を尽くそうと檄を飛ばしている。


この歳になると私には、名誉欲も、利害得失も無関係だ。次の世代の人を立派に育て上げ、私がいなくなっても、地元のため、都のため、そして愛する日本のために大黒柱になって働いてもらいたい、そんな夢を求めているのである。

あと一息、さあ、頑張っていこう!と、自らを鼓舞している。



第678回「都議選始まる」

 深谷隆司の言いたい放題第678回

 「都議選始まる」

  

722日、10時から「いずみひろし」都議候補の出陣式が行われた。雷門の選挙事務所(雷門1-8-3、5246-4851)には小雨の中、300人を越える支持者が集まり、都知事候補の増田ひろや氏も駆けつけ、熱気あふれるすばらしスタートとなった。

自民党の区議だけではなく、公明党や無所属の区議、文京など他区からの応援区議も参加している。

先の選挙で当選した中川雅治氏、武見、丸川両参議院議員、中屋都議も加わって、辻代議士、服部区長と共に熱弁をふるった。

私は次のような内容で語った。

「今日、司会をしている太田区議会議長は、上野にある西洋美術館の世界遺産決定のため、トルコのイスタンブールにいたが、そこでクーデターが起こり、大変な苦労をして帰国したばかりだ。

今や世界のいたるところで紛争が続いているが、日本だけが治安も良く安定している。なぜかと言えば自公連立による安倍政権が安定しているからだ。

首都東京でも、こうした平和な状態を続けていく事が重要だが、そのためには、自公の推す増田都知事候補、いずみ都議候補をしっかり勝たせることが絶対に必要と思う。

テレビで都知事候補3人が対談したが、鳥越氏は「小池さんに言いたいが、あなたは、病み上がりの人を連れてきて何が出来るかと言った。これはがん患者全体に対する侮辱と差別だ」と激しく追及した。小池氏は「そんなことは言ってない」と否定したが、テレビのテロップを見せられて「それなら謝ります」と平然と言ってのけた。この傲慢さには多くの人があきれていた。

鳥越氏は76歳と高齢だし、体が弱く街頭演説もあまり出来ない、おまけに「週刊文春」での女性スキャンダル、これでは知事は無理だと思うが、対抗馬の小池氏が人体の弱点をあからさまにののしるのは、フェアーではないし品性に欠ける。

小池氏は自分が当選したら都議会を解散させるとも公言している。もとより知事に解散権などないが、そこを指摘されると「不信任を出させるように仕向けます」と言い出した。この選挙だけでも50億円を超えるほどお金がかかる。選挙選挙で都民の税金を数百億円も捨てるのか。

自民党推薦が得られなかったことへの恨みつらみが、こんな発言になったのだろうが、いかにもヒステリックではないか。政策そっちのけ、けんか腰では、都民のための円満な都政運営など出来る筈もない。

私は昔、郵政大臣、自治大臣を務めたが、この2つの省が総務省となった。増田さんは総務大臣経験者、私の後輩だ。総務大臣は自治と消防防災の担当大臣だ。

東京の自治、特に直下型地震が予測される今、消防防災の専門家で、冷静沈着な増田氏こそ知事にふさわしいと私は思う。

いずみ君は区議として存分に働いてきたし、何より仕事の出来る人だ。この二人を当選させ辻代議士や中屋都議と組めば必ず大きな成果を上げられると確信する。

私にはもはや名誉も利害得失なども何もない。ただ良い後輩を支え育て、立派に国家国民のために働いてもらいたいとの一念だけだ。最後まで頑張るので皆さんも頑張って欲しい」と締めくくった。

31日の投票日まで、多くの区民が二人の候補者を理解し、支えてくれるようひたすら祈るのみである。