第720回「九州5日間の旅」

 深谷隆司の言いたい放題第720回

 「九州5日間の旅」


520日、県会議員小林克敏氏の懇請を受け、ご子息の結婚式の仲人を勤めるため長崎に行った。若い頃は130組以上の仲人をしたが、近年は年齢を理由にほとんどお断りしていた。

新郎央政君は総合介護サービスセンター泉の里施設長、新婦一瀬仁美さんは長崎医療センターのお医者さん、5年前、研修中に知り合ったお似合いの新夫婦である。父親が県会議員だけに披露宴も盛大で、なんと2回も行われ合計700人の大盛況。家内の着付けは4時、ホテルに戻ったのは夜中の12時、大強行軍の1日であった。

私が自治大臣の時、雲仙普賢岳災害の復興支援で1000億円の基金を作ったことで、こちらではちょっと有名?、当時の高田知事が90歳を越える高齢にもかかわらず、私にお礼だけでも言いたいと奥様付き添いで出席、感動的な挨拶に、政治家冥利に尽きると思った。

翌朝、鹿児島県に移動、今度は城山観光ホテルで徳真会松村ご夫妻と待ち合わせた。この地に新しい病院を作るための視察に同行する目的だが、これは一つの口実で九州の旅の延長であった。

ここはなんといっても西郷隆盛の足跡めぐりだ。明治維新の立役者であったが、最後は不平士族のリーダーとして政府軍と戦い、敗れて自決する。波乱万丈の生涯だが、その人柄、行動力、決断力、更に風貌も加わって英雄である。

城山観光ホテルの近くにある、西南戦争最後、数日間こもった穴倉、自決した場所など感慨無量の思いで見つめた。

22日、大正3年の大噴火で埋没した黒神神社鳥居を訪れる。実は今から40年前、長男隆介を連れてここに来ている。その時、倅が小用のため駆け込んだ店の御主人から、「君は立派な顔をしている。お父さんを超える人物になる」と言われた。既に国会議員であった私が顔を出すと相手もびっくり、以来今日まで交流が続いているのだ。この池田さん一家の大歓迎を受けたが、なんとその社長室には、私が描いた龍の絵が飾られていて、「毎日、挨拶しているのです」・・・。人との出会いほどすばらしいものはない。

この日、かねてから願っていた知覧特攻平和会館を訪ねた。太平洋戦争末期、人類史上例のない、飛行機もろとも肉弾となって敵艦に体当たりした陸軍特別攻撃隊員の遺影、遺品などが保存展示されているのだ。

もう入り口から私は涙が止まらなかった。この地から400数十機が沖縄周辺のアメリカ艦隊に爆弾を抱えて突撃したのだ。なんと無謀で愚かな作戦であったのかと怒りを禁じえない。それにしても、作戦に志願した若者達が、命を捨てても守りたかったのは何なのだろうか・・・。

「国のため、父母に受けたる、精神もて、我は散るなり、桜の如く」松尾登代喜。「俺が死んだら、何人泣くべ」前田啓。「前略 お母さん、お母さん、今俺は征く、母を呼べば母は山を越えても、雲の彼方からでも馳せ来る、母はいい、母ほど有難いものはない、母!母!」中村實。

彼等が残した最後の言葉をこうして書きながら、私の嗚咽は止まらない。

この人たちを無駄死にさせてはならない。彼等の意思をしっかり受けとめ、素晴らしい日本を作ることがわれわれの務めだ。それつけても思うことは政治家の劣化だ。都議選も含めて立派な人を送り出さねばと改めて誓った。

種子島では鉄砲を開発した日本人のすばらしさを学び、宇宙開発センターでは所長の依頼で「夢を求めて生きることの楽しさよ」と揮毫した。屋久島の自然はすばらしい。3000年もの時を経た紀元杉に、悠久の時の流れを感じ、しばらく寄り添って「氣」を貰ってきた。

25日、東京に戻ったが、もう想い出を噛みしめる余裕はない。

夜は北区の高木啓都議会議員の応援演説、更に文京区中屋文孝都議の選対会議、おっと忘れてはいけない、この日は53年目の結婚記念日、一族が遅くまで家で待っていてくれた。私は本当に幸せものである。




第719回「多事多端」

 深谷隆司の言いたい放題第719回

 「多事多端」


とにかく慌ただしい毎日である。その中心は都議選挙がらみだ。

小池旋風とやらで自民党は厳しいと言われて来たが、このところ確実にその勢いに陰りが見られる。なにしろ、豊洲市場問題にしても五輪関係でも、パフォーマンスばかりで一向に具体的な答えが出せない。莫大な損失が出ているのに平気で、まるで都民のお金をポケットマネーと考えているのかとあきれるほどだ。

その上、今週の週刊新潮には、都民ファーストの会代表で小池知事の最側近野田数特別秘書が、アントニオ猪木参議院議員から公金横領で訴えられているスキャンダルが報道された。今週の週刊文春には小池知事側近、都民ファーストの会幹事長音喜多駿都議のOL強姦疑惑や奥さんが探偵を雇ったなどのスキャンダル記事が出ている。にわかづくりの都民ファーストの会に人材は居ないのだ。

保坂親子のように息子を出したいために、長年世話になった自民党を離党した人が都民ファーストの会公認なのだからレベルが分かる。賢明な有権者はしっかり見極めてくれて、このところ世論調査で数字が一気に下降線を辿り始めている。健全な都政作りのために、一層油断なく、謙虚に、着実な準備を進めて勝利を得たいと思っている。


15日、中曽根康弘先生の白寿の会に招かれた。99歳、いまだ愛国心は衰えず、堂々の挨拶には涙がこぼれた。6時からの温故知新塾では、早速中曽根人物論を展開した。

16日、大阪の友人松本さんを杏林大学病院に入院させた。心臓に問題があり、近く手術を行うようだが、全快を祈りたい。

17日、娘小田恵理の義理の両親を見舞いに孫安希与たちと彦根まで一泊旅行、90歳を越えているがなんとか長寿であって欲しいと激励した。ホテルから見る彦根城は美しく、歴史を紐解き往時を偲んだ。

帰宅した18日、大相撲観戦、夜はビューホテルで横綱白鵬らと痛飲、彼等は勝負の世界で必死に研鑽努力している。しかし、飲む時は常に明るく前向きだ。そんな姿に改めて感銘した。私は二所ノ関部屋後援会長だから、場所では、このところ連敗の松鳳山に大きな野次を飛ばした。その甲斐あって勝利だった。

19日は早大雄弁会の同期とパレスホテルで昼食会。傘寿を超えた年齢だから、仲間の半分は他界し、この日の出席者は9人と寂しい。案内状には「元気な深谷と森を囲んで」とあったが、森喜朗東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長も出席、談論に花が咲いた。彼は幻冬舎から「遺書・東京五輪への覚悟」という本を出版したが、肺がんを克服した話や、五輪に命をかけていることなど、彼の生き様が伝わってきて胸が熱くなった。マスコミや小池知事からの心無い批判を浴びているが「君知るや、この熱き思いを・・・」であった。

6時からは、いずみひろし君のための台東区各種団体選対会議が開かれた。なかや文孝君の場合もそうだが、中小企業や体育会系など様々な団体の支援は大事だ。この夜も代表が集まり熱心に協議してくれた。頼もしいかぎりだ。

今日20日、長崎に向かう。私が支えてきた後輩小林克敏県会議員のご子息の結婚式に出るためだ。


とにかく元気一杯です。


第718回「連休後半、箱根山荘で」

 深谷隆司の言いたい放題第718回

 「連休後半、箱根山荘で」


3日から45日、箱根の私の山荘で家族と過ごした。一家が全員揃って元気に温泉を楽しむことが出来るとは、なんと幸せなことかと改めて思った。

昔、私の選挙はいつも反対派の悪質なデマで苦労したものだが、その中に、「深谷は世田谷の豪邸に住んでいる、鎌倉に別荘を持っている」というのがあった。

庶民性を売り物にしているのに「けしからん」ということなのだが、世田谷には住んだこともないし鎌倉の別荘など、一体どこから出たことなのか、あきれた話だが選挙にはマイナスであった。

反逆心旺盛な私は、それならいっそのこと別荘を持ってやると買ったのがこのささやかな箱根山荘である。時にはバスを仕立てて隆青会(後援会青年部)の仲間を呼んで、盛大なバーベキュー大会を開いたりしたが、不思議なことにその話は全く広まらず、批判されたこともない。現実にはありもしない噂の方が広まり、悪意を持って語られるのだから不思議なことである。


あれから30年余経ている山荘だが、都会の喧騒とは無縁の、深い緑の中にあって静謐な別世界だ。日中は依頼されている300号の龍の絵の下書きに取り組んだ。生き生きした勇壮な「昇り龍」が狙いだが、連日、何枚も描いている内に構想も固まってきて、これならいけると秘かに思った。

夜は痛飲三昧だ。4日は仙石原のイタリアン「アルベルゴ・バンブー」。ここはコッポラ監督が作った映画「ゴッドファーザー」の舞台を模した白亜の建物である。昔は私が訪れると、支配人が承知していて必ずあの名曲を流してくれたものである。あれから何人も支配人が代わって、そんなことを知る由もない。今の支配人も心配りが良いし味もすばらしい。

5日は画家の中野先生ご夫妻、箱根神社の小沢宮司ご夫妻を招いてザ・プリンス箱根の「なだ万雅殿」で会食した。家族全員がそろってだから大人数である。

ここの渡辺支配人は自称私のファンで、いつ行っても心のこもったもてなしで応じてくれる、嬉しい心である。なだ万の経営者は代わったが、シェフの腕も確かで料理はさすが最高であった。

6日は中野先生のアトリエに寄り打ち合わせ、300号の大絵はこのアトリエをお借りしなければとても描けない。

次は箱根神社参拝だ。7月の都議選挙の必勝祈願である。台東区の和泉ひろし、文京区のなかや文孝両君等自民党候補者を絶対に勝たせねばならぬ。小沢宮司とご子息のねんごろな祭祀の中、私も頑張ることを誓った。

今度は岡田美術館での観賞だ。1階は中国の陶磁器と青銅器、韓国の陶磁器の展示だが、とりわけ古代から清朝までの作品が質・量共に充実していた。

古九谷や鍋島など日本のやきものは一番広い展示室だが、江戸以降、これほどの作品が日本で生まれたかと思うと感動一入であった。8月に幻冬舎から出版予定の私の11冊目の新刊本は「日本の素晴らしさ」を歴史的に説くものだが、時代背景を考察しつつ興味は尽きなかった。ただし、博物館や美術館観賞は最も関心があるのに何故か異常に疲れるのが常である。家内は逆で、いつも疲れを知らず見学し続ける。教養や知性は彼女の方が上なのかも・・・。

この連休、ニュースでは大変な交通渋滞が報道されていた。行きは大混雑で倅隆介が運転で苦労したが、7日の帰りは普段より空いていて娘恵理の運転技術?も一向に不安がなかった。

それにしても良き連休であった。神仏やあらゆるものにひたすら「感謝」である。