第689回「腹立たしいこと」

 深谷隆司の言いたい放題第689回

 「腹立たしいこと」


104日、テレビの関係もあって、東京都庁を訪れた。自民党控え室に顔を出すと、皆が丁重に迎えてくれたが、ここに来るのは何十年かぶりである。

今まで選対本部長として多くの都議会議員や舛添氏など知事を送り出してきたが、当選させた後、都庁へ行くことは一切しない。恩着せがましい振る舞いをしたくないからだ。

1時から始まる都議会本会議を傍聴する。これだけ話題の時だから超満員かと思っていたら8分の入り、途中から帰る人も目立って6割程度となった。

何人かの人が「深谷さんだ」と珍しがって声をかけてくれた。

質問者も小池知事の答弁も、それぞれ長い発言だったが、誠実そうではあるが、低調で盛り上がりがない。長年、迫力のある国会の質疑を見てきたから余計そう感じるのかもしれない。

何故かマイクの音量も極端に低くよく聞き取れない。年齢の所為かと思っていたら、「声が聞こえない」と野次、知事が答弁を中断し「大きい声で話します」と言っていた。まさか意図的に音を低くした訳ではあるまいが、都事務局側の不誠実さを強く感じた。

7日になって、過日公表された検証報告書に、又ウソがあったことが判明した。

報告書には「仮に地下水から環境基準を超える汚染物質が検出された場合には、浄化ができるよう建物下に作業空間を確保する必要があると技術会議が独自に提案した」とあった。しかし、元委員の長谷川猛氏が、「この事項については都側が提案したが、一度も論議していない事項を反映させるわけにはいかないと反対した」と暴露、事実は都側の提案だったことが判明したのである。

岸本良一市場長は都議会経済・港湾委員会で「間違いであった」と陳謝したが、実は発表時点で既にこの事実が分かっていたのに、平気な顔でウソの報告書を提出したのだ。この期に及んでも責任回避、責任転嫁の出鱈目ぶり、いささかの反省の気持ちもない厚顔さ、すぐにばれるようなウソを重ねる軽薄さにあきれるばかりだ。

委員会で「都議会にも責任があった」と涙ながらに陳謝した議員がいたが、こんな都庁役人の無責任な説明、ウソ体質では「都議会でのチェックは難しいな」というのが私の本音である。「若い議員の純情さはいいが、こんなところで泣くよりも、怒りをもって追求せよ」と言いたい気分である。

7日の「ゴゴスマ」で、下村博文都連会長が出演、あらかたの話は彼が上手に説明していた。12日に、この番組のために名古屋まで出かける予定であったが、局と話し合って延期することにした。28日か31日、少し話題を変えて改めて出演することになっている。

この番組は関東16県、東海3県、宮城県に流れるが、あなたのところも映るだろうか・・・。



第688回「テレビで舌戦」

 深谷隆司の言いたい放題第688回

 「テレビで舌戦」


 今日も(103日)テレビ朝日の「ワイドスクランブル」に呼ばれて論陣を張ってきた。先週の927日も同番組に出演し、45分間にわたって熱弁をふるった。

来週の12日には155分からの番組「ゴゴスマ」に出演する。スタジオは名古屋だから、なんと日帰りの強行軍となる。

「週刊文春」「週刊新潮」「週刊朝日」「ダイヤモンド社」と、マスコミの取材も続く。この歳になっても引っ張りだこ? なんとも忙しい。

言うまでも無く、これらは全て小池都政について都連最高顧問としてどう思うかというテーマばかりである。

先の知事選挙で小池氏は大量得票で勝利し、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで大変な人気である。

就任するや、矢継ぎ早に豊洲問題、五輪問題等を俎上に上げ、まさに本人が言うように大進撃で、怖れをなしてか批判的立場をとる人は少ない。そこで「言いたい放題」の私の出番となる。

「知事の所信表明演説は如何でしたか」

「相変わらず演説は上手ですが、総花的で具体的なものが少ないのが残念ですね。それに何であんなに横文字を使うのでしょうか。30回以上も出て来るのにはびっくりしましたが、都民ファーストなら、もっと分かりやすい日本語でやって欲しいものです」

「豊洲の地下構造が盛り土から3分の1もコンクリートの空洞になったのは何故か、知事の答えは、ピンポイントには示せない、決定者も分からないとのことですが」  

「この調査は行政監察室が行いましたが、彼等は都の職員、身内のことだから庇い合い、正しい答えは出る筈がない。知事の言う空気の流れで決まった・・・とは、全く答えになってない。

小池知事は16万人も職員がいるから難しいとすっかりトーンダウンしているが、警察官(48千人)消防官(18千人)教員(63千人)等を除けば都庁の一般職は18千人程度、物事を決定する課長は僅か1200人、これくらいを掌握できなくてどうするのか」

「豊洲市場の開場が117日から延期になりましたが・・・」

「一番困っているのは仲卸業者等、市場の業者達、彼等は既に数百万円投資している。都に振り回され悲鳴を上げている。補償問題もある。安全調査を可及的速やかにやって、先の目処を示さなければいけない・・・」

と、まあ、こんな具合である。ディレクターによると結構評判がいいとか・・・。

憎まれ役も引き受け警鐘乱打、都民の為、私の役割を果たしたいと思っている。



第687回「ついに81歳」

 深谷隆司の言いたい放題第687回

 「ついに81歳」


今日、929日、晴れて?81歳の誕生日を迎えた。恒例の誕生会は出席者を出来るだけ縮減することにしたが、それでも今夕はオータニホテルで華やかなパーティーになるようだ。

幸い心身ともに全く順調、これも家族の愛と、多くの友人の支えと、そして なによりも、次々とやるべき仕事が舞い込んで、現役時代と変わらない超多忙さ故ではないかと思っている。

なんといっても一番の仕事は若い人たちを「教える、育てる」ことだ。東京自民党政経塾塾長は既に11年目、100人定員の塾生は、倍の応募で常に満員の盛況、卒業生は1600人を越え、国会議員8人、地方議員130人以上と、各所で活躍している。

今年、徳真会の松村理事長からの依頼で、渋谷クォーツタワーで「温故知新塾」を開いたが、来月で1年間の講習を終える。既に来年も続けることで新人募集に入っている。(申し込みは03-6431-9809

テーマの「日本のかたち」の講義をまとめ、来年春には幻冬舎から、私にとって11冊目の本が出版されることが決まっている。

大阪経済大学や、関西大学の講義で大阪をとんぼ返りしたり、各所の講演依頼にも応えている。

近年格別に多い仕事は自民党都連最高顧問としての役割だ。2度にわたる知事選挙では選対本部長をつとめ、今回敗れて会長、幹事長らが辞任すると、後の人事を任され選考委員長、ようやく下村会長、高島幹事長を決めたばかりだ。

当然小池知事についてのマスコミの取材が殺到、新聞、週刊誌のほかに、27日はテレ朝のワイドスクランブルで45分間、スタジオで熱弁をふるった。

「よく言ってくれました」と八木局長はじめ自民党国会議員や都議から感謝の電話が続いて満足。スーパ−Jチャンネル、TBSの「あさチャン!」など、取材で自宅にまで押しかけての長時間インタビュー、その割に放映時間はわずかだが、多くの友人達から「元気な顔が見られてよかった」と連絡が入って、これはこれで嬉しいことだった。

引退後、一応各団体の役職は次々と辞退したが、二所ノ関部屋後援会長、横綱白鵬、大島親方(旭天鵬)、ちゃんこ店を始めた増位山等のつき合いは、相撲好きの私だから縁は続く。大鳥神社総代など新しい依頼にも応じた。護国寺、浅草寺、箱根神社、京都の護王神社等、神社仏閣は特に大事にしている。

趣味の世界では絵画だが、昨年の龍に続き今年も150号の虎を書き、これは仙台の徳真会のデンタルクリニック正面玄関に飾られている。タップダンスの練習にも励んでいるが、81歳のタップはギネス入りではないか。

ともかく天寿を全うするまで、張り切って生きるつもり、全てに感謝である。