第704回「元気一杯で新春始動」

 深谷隆司の言いたい放題第704回

 「元気一杯で新春始動」


 10日、ゴゴスマ出演のため名古屋まで一人旅、めったにないことで不安であったが、CBCテレビのスタッフも顔なじみになって歓迎ムード、2時間あまり大いに愉快に語って盛り上がった。

18日、TBSの「ひるおび」で評論家達も言っていたが、最近の小池知事は挑戦的で独走気味である。

東京都は14兆円もの予算規模でスウェーデンやインドネシアに匹敵する巨大な組織だが、これを動かすためには多くの味方を作り、これを上手に使いこなしていく度量と配慮がトップには必要だ。ところが相変わらず都議会自民党を悪役に仕立て、都庁の役人さえ味方につけようとせず、特別顧問やらの無責任な浅知恵に振り回されている。7月の都議会選挙を意識してか、千代田区長選挙にまで口を挟んで一方的にのめりこんでいるが、これでは都民のためにならない。

ちなみにわが党の千代田区長候補は与謝野馨元大臣の甥にあたる与謝野まこと君で、なんと自民党政経塾の塾生、私の教え子である。早速代理戦争といわれているが、そんな小池劇場につき合うつもりはない。相手は5選目で75歳、こちらは41歳、東大、ケンブリッジ大学で学んだ俊才、真面目一筋の若者だ。「多選反対・世代交代」も一つのテーマになるのではないか・・・。  

最近の小池知事の言動に、本来なら皆がもっと物を申してもいいのだが、支持率の高さを畏れてか、言うべきことをはっきり言う人が少ない。

私はこのブログのように「言いたい放題」、正しいと信ずることを率直に言い続けていこうと思っている。そんなところが、私がマスコミに引っ張り出される理由のようで、昨日も月刊誌プレジデントの記者が2時間もインタビューしていった。


16日から渋谷クオーツタワーでの「温故知新塾」の2年目が始まった。去年は「日本のかたち」を1年間語ったが、この6月、幻冬舎から本になる。

今年は「日本を支えた人たち」をテーマに30人程度の人物を取り上げ、その人物像と背景を語るつもりである。

初日は聖徳太子と天武天皇を取り上げた。聖徳太子は十七条憲法を作ったが、これが明治天皇の「5か条の御誓文」にもつながっている。現代人にも自然にうなずける「理念」を打ち出していて、近代的にも憲法の名にふさわしいものである。アメリカ合衆国憲法は1788年に作られたが、それより約1200年も前に民主的な憲法を作ったのだからすばらしい。

天武天皇は律令制に基づく中央集権国家体制で、古代国家と天皇制の基礎を固めた人物だ。特に「古事記」「日本書紀」など国史の編纂事業を命じたことなど注目すべきことが多い。次回220日は聖武天皇、行基、弓削道鏡、和気清麻呂を語る。

17日の自民党政経塾は170人で満員盛会、新年初の講義とあって塾生の瞳も輝いている。小田全宏君と2時間熱弁をふるった。

今年も次の世代の人を育てる大事な仕事をしっかり続ける。資料整理や原稿をパソコンに打ち込む仕事など事前の準備も大変で、忙しさは現職時代と変わらない。

元気一杯、時代の語り部として獅子吼していく・・・。 



第703回「清清しい新春」

 深谷隆司の言いたい放題第703回

 「清清しい新春」


 家族揃って楽しく心豊かな気分で新年を迎えた。元旦から3日間はどこへも出ずに自宅で祝杯をあげ、お屠蘇気分でご機嫌であった。孫達5人を含めて大家族になったが、幸い皆健康に恵まれてそれぞれの道をしっかり歩んでいる。後はお互い長生きすることだと家内と語っている。

 辻代議士、中屋都議、和泉都議ら私が育てた若手議員が挨拶に来る。今年は7月都議選挙で忙しくなる。小池知事がテレビに出まくり、マスコミは自民党との戦いだと囃し立てる。都民目線で都政を行う、これが一貫した自民党の姿勢で、現に小池都政始まって以来、知事が提案した議案に自民党は一度も反対していない。

 けんか腰で仕掛けているのはもっぱら知事側、特に特別顧問や特別秘書など側近の動きが、虎の威を借りた傲慢さで、いずれここいらから破綻が生まれると思える。

例の都会議員予算枠(自民党だけでなく各党全部)と言われた200億円は廃止となって、あたかも都会議員が勝手に予算を振り分けてきたかの印象が残った。しかし、一旦削減された予算を都民から出される要望を聞いて知事と折衝する作業で、最後は知事が査定する仕組みになっていた。200億円は予算から見てわずか0,2%程度、前年度内訳は、区市町村振興、福祉・保険・医療の充実、教育の充実、商店街の活性化、都市基盤の整備といずれも都民にとって適切な予算であった。

 今回から全て知事部局が要望を聞くとなったが、政党や業界団体の要望窓口を自身に一元化しようということで、その狙いは想像できる。

 都議選挙には小池塾から40人程度出馬させるとの事だが、私は前々からそうなると言い、自民党議員に足腰を一層強くせよと檄を飛ばしてきた。都民の声を聞き、必死に努力してきた自民党議員は必ず都民が支えてくれると私は信じているのだ。

今までも言われてきたように知事が独裁的権力を持ってはいけない。二元代表制なのだから都議会の声を聞いて、如何に都民の思いを反映させるかが大事なのである。 


10日、私は又「ゴゴスマ」(東京は6チャンネル)に出演する。「2017年小池都政の大展望」がテーマで155分から330分までの放映だ。大いに語ろうと思っているが、CBCテレビスタジオは名古屋、日帰りだから結構大変である。

新年会も多い。懐かしい人たちと旧交を温める、これも清清しい新春の大事な光景なのである。




第702回「謹賀新年」

 深谷隆司の言いたい放題第702回

 「謹賀新年」


明けましておめでとうございます。新春を如何お過ごしでしょうか。まず貴方はじめご関係の皆様の本年のご多幸をお祈り申し上げます。

おかげさまで私は心身ともに健康で爽やかな新年を迎えることが出来ました。これも神仏のご加護の故とありがたく思っております。

私がこのように幸せなのはなによりもすばらしい家族に恵まれたからだと思います。

昨年暮れの28日からは23日で、松島センチュリーホテル、作並温泉一の坊ホテル泊の家族バス旅行を行いました。徳真会の松村先生のデンタルクリニックが仙台長町と愛子(あやし)にあり、その正面玄関には150号の私が描いた龍と虎の絵がそれぞれ掲額されています。今度の旅はこの絵を見る会でもありました。今回も松島の千葉夫妻が全ての段取りをはかってくれ、楽しい完璧な旅になりました。彼等とは、46年間続いた私の後援会旅行会で、たまたま彼の店「松かま」で昼食をとったのが縁で、以来、12年の深いつき合いとなったのです。

私の幸せは出会いとめぐり合いで多くの友人達に恵まれたことでもあります。今年もこうした得難い友人達との交流を大事にしたいと思っております。


さて、今年はどんな年になるのでしょうか。

私の仕事は、なんといっても若い人たちの育成が一番で、引き続いてTOKYO自民党政経塾、温故知新塾の塾長を務めます。政経塾は3月に11回生を送り出し12年目を迎えます。温故知新塾は2年目、117日が塾のスタートで、毎月月曜日6時から1時間半の講義を続けます。今年は「日本を支えた人々」をテーマに20数人の人物像とその背景を語ります。(渋谷区渋谷2-10-10、クオーツタワー10階、年会費3万円)、是非貴方もご参加されませんか。お申し込みは03-6431-9809です。

6月には私の著書「子どもに伝えたい 本当はすごい日本人(仮題)」を幻冬舎から出版します。これで11冊目になりますが今から楽しみです。

昨年、都議補欠選挙があり、和泉ひろし君を当選させましたが今年7月が本選挙、台東区の和泉ひろし君、文京区の中屋文孝君、中央区の公認候補となった石島ひでき君を是非当選させなければと思っています。昨年は都政問題でしばしばテレビで論陣を張りましたが、今度の選挙では小池派?候補が何人も出るようで都連最高顧問として全体の当選をはからなければなりません。しっかり頑張りますので是非応援をしてください。

今年も為すべき仕事が山積し、相変わらず多忙のようですが、それが私の励みにもなっています。勿論、みんなと痛飲することも忘れず、今年も大いに宴を張り、交友を深め、悔いなき人生を悠々と送る所存です。今年もよろしくご厚誼の程、心よりお願い申し上げ新春のご挨拶といたします。