第718回「連休後半、箱根山荘で」

 深谷隆司の言いたい放題第718回

 「連休後半、箱根山荘で」


3日から45日、箱根の私の山荘で家族と過ごした。一家が全員揃って元気に温泉を楽しむことが出来るとは、なんと幸せなことかと改めて思った。

昔、私の選挙はいつも反対派の悪質なデマで苦労したものだが、その中に、「深谷は世田谷の豪邸に住んでいる、鎌倉に別荘を持っている」というのがあった。

庶民性を売り物にしているのに「けしからん」ということなのだが、世田谷には住んだこともないし鎌倉の別荘など、一体どこから出たことなのか、あきれた話だが選挙にはマイナスであった。

反逆心旺盛な私は、それならいっそのこと別荘を持ってやると買ったのがこのささやかな箱根山荘である。時にはバスを仕立てて隆青会(後援会青年部)の仲間を呼んで、盛大なバーベキュー大会を開いたりしたが、不思議なことにその話は全く広まらず、批判されたこともない。現実にはありもしない噂の方が広まり、悪意を持って語られるのだから不思議なことである。


あれから30年余経ている山荘だが、都会の喧騒とは無縁の、深い緑の中にあって静謐な別世界だ。日中は依頼されている300号の龍の絵の下書きに取り組んだ。生き生きした勇壮な「昇り龍」が狙いだが、連日、何枚も描いている内に構想も固まってきて、これならいけると秘かに思った。

夜は痛飲三昧だ。4日は仙石原のイタリアン「アルベルゴ・バンブー」。ここはコッポラ監督が作った映画「ゴッドファーザー」の舞台を模した白亜の建物である。昔は私が訪れると、支配人が承知していて必ずあの名曲を流してくれたものである。あれから何人も支配人が代わって、そんなことを知る由もない。今の支配人も心配りが良いし味もすばらしい。

5日は画家の中野先生ご夫妻、箱根神社の小沢宮司ご夫妻を招いてザ・プリンス箱根の「なだ万雅殿」で会食した。家族全員がそろってだから大人数である。

ここの渡辺支配人は自称私のファンで、いつ行っても心のこもったもてなしで応じてくれる、嬉しい心である。なだ万の経営者は代わったが、シェフの腕も確かで料理はさすが最高であった。

6日は中野先生のアトリエに寄り打ち合わせ、300号の大絵はこのアトリエをお借りしなければとても描けない。

次は箱根神社参拝だ。7月の都議選挙の必勝祈願である。台東区の和泉ひろし、文京区のなかや文孝両君等自民党候補者を絶対に勝たせねばならぬ。小沢宮司とご子息のねんごろな祭祀の中、私も頑張ることを誓った。

今度は岡田美術館での観賞だ。1階は中国の陶磁器と青銅器、韓国の陶磁器の展示だが、とりわけ古代から清朝までの作品が質・量共に充実していた。

古九谷や鍋島など日本のやきものは一番広い展示室だが、江戸以降、これほどの作品が日本で生まれたかと思うと感動一入であった。8月に幻冬舎から出版予定の私の11冊目の新刊本は「日本の素晴らしさ」を歴史的に説くものだが、時代背景を考察しつつ興味は尽きなかった。ただし、博物館や美術館観賞は最も関心があるのに何故か異常に疲れるのが常である。家内は逆で、いつも疲れを知らず見学し続ける。教養や知性は彼女の方が上なのかも・・・。

この連休、ニュースでは大変な交通渋滞が報道されていた。行きは大混雑で倅隆介が運転で苦労したが、7日の帰りは普段より空いていて娘恵理の運転技術?も一向に不安がなかった。

それにしても良き連休であった。神仏やあらゆるものにひたすら「感謝」である。



第717回「連休前半」

 深谷隆司の言いたい放題第717回

 「連休前半」


4月後半は東京都議会議員台東区和泉ひろし君や文京区中屋文孝君の選対会議等が続き、更に辻清人代議士の中央区後援会大会もあって慌しかった。

623日から始まる都議選挙(72日投開票)で、都民ファーストの会が公認候補の擁立や推薦候補の決定を急ぎ、過半数に膨張する勢いとかで、自民党にとっても緊張感溢れる日々となっている。

次々と他党系まで取り込んで、知事のワンマン体制を作ろうとしているようだが、国会ではあるまいし、一体、独裁体制を何のために作るのか、私にはさっぱり分からない。都民ファーストの会の内部でも、理念がなく有権者に説明しにくいとの声も出ているようだ(朝日新聞52日)。

二元代表制の都政にあっては、都知事と都議会が対等な立場に立って議論し合い、牽制と協力の中から、健全な都民のための都政が実現されるのだ。小池ブームとやらに流されず、自信と誇りを持って自民党勢力維持のために私も頑張ろうと思っている。


連休前半の51日、家内と新潟を旅した。徳真会松村先生の新津診療所での講演と、今度この建物に飾る300号の黄龍を描く為の下見を兼ねてのことである。

講演では「縁」について話した。釈迦の、つまり仏教の根源をなす言葉に「因縁生起」というのがある。略して縁起だが、あらゆる因と縁が関係しあってあらゆる現象が起こる。何事も原因があって結果が出る、「因果」なのである。

一般に「この種を蒔いたら、この花が咲く」ということだが、時に咲かないことがある。

種がそのまま花を咲かせるものではない。土に肥料を与え、水をやり、適当な温度と太陽の光を与え、初めて芽を出し葉が茂って花が咲く、そして次の種が生まれるのだ。日光や気温、土や肥料や水などの種々の条件が揃わなければ花も咲かないし種も出来ない。

種を蒔くは絶対条件で「因」だが、こうした外的条件が「縁」なのである。

縁に恵まれたら、これをどう活かすかが大切で、若い人たちに、私自身の体験を通じて教えたかったのである。

年内に黄龍の絵を描くことを引き受けている。既に仙台の二箇所のデンタルクリニックに私が描いた「龍」と「虎」が掲額されている。中国古来の守り神に青龍、白虎、朱雀、玄武の四神があり、来年は朱雀と玄武を描く事になっている。

その前に徳真会発祥のこの場所に五神にあたる黄龍を依頼されたのである。たたみ八畳もの超大作に取り組むのだから嬉しいが、さて上手くいくのか不安。

無事都議選挙を乗り切った後、私は絵描き(画家)になる・・・。



第716回「緊張感」

 深谷隆司の言いたい放題第716回

 「緊張感」


今村復興大臣が辞任した。事実上の更迭だ。今月の4日の記者会見で記者の質問に突然切れて、「出て行きなさい」と怒鳴り顰蹙を買って謝罪した。相手はフリージャーナリストで、よくある挑発に乗ってしまったのだが、これでは大臣として、事にあたって冷静に対応などできる筈がない。今回は二階派の講演で、東日本大震災について「これは、まだ東北で、あっちの方だったからよかった。もっと首都圏に近かったりすると、莫大な甚大な被害にあったと思う」と述べた。後半の部分はともかく、前の部分は東北で苦労している人々への配慮がまったく無くて、復興大臣として失格である。

それにしても、最近、政治家の劣化が目立つ。今村復興相、山本地方創生担当相、務台内閣政務官・・・、しかも何故か高学歴、高キャリアが多い。重婚スキャンダルの中川経産政務官は私学出だが、こちらは政治家以前、人間性が問われる問題で話にならない。

はっきり言って、自民党一強のたるみ、緊張感の欠如ではないか。力のない野党も、ここを先途と攻撃しているが、北朝鮮の動きなど、持つべき緊張感は皆無である。

政治家よ、国家国民のために命を削ってつとめよ!と訴えたい思いである。


緊張感といえば、来るべき都議選挙に向け、自民党候補者は必死である。

25日、台東区の和泉ひろし都議が台東区民会館で選対会議を開いた。嬉しいことに、500人以上の人で会場は埋まった。かつてない盛り上がりで、危機感に溢れてすばらしかった。

私は次のような挨拶で獅子吼した。

「去年の補欠選挙で和泉君を出してよかった。彼は既に3回も質問に立ち、特に台東区に関わる問題をテーマに具体的な答えを引き出していた。

今、自民党台東総支部は充実している。辻代議士、和泉都議、服部区長、9人の区議がしっかり連携して成果を挙げている。これを持続させるために都議選挙は大事だ。

小池ブームとやらで自民党にとって逆風といわれるが、都民ファーストの候補者は自民党の公認もれや、民進党など選挙に弱い連中が多く、人材が集まっているとは思えない。

台東区でも長年自民党に世話になった保坂三蔵親子が離党届を出して鞍替えし、都民ファーストから出る。節操のない話でいずれ除名処分となるが、今後は一切自民党とは無縁、全く関係ない候補者であることを周知徹底させていこうと思う。

都政は二元代表制、都民から選ばれた知事と都議会議員が、丁々発止、都民のために議論し、いい政治を行うことが大事だ。自民党も謙虚に、しかし、自信と誇りをもって頑張らなければならない。ただ1人の自民党候補者いずみ君のためにみんなで頑張りましょう!」

和泉都議から熱誠溢れる挨拶があり、万雷の拍手となった。筋の通った話、感謝の心が満ち溢れていてすばらしかった。

67日、7時から浅草公会堂で2000人の決起集会を開く等を決めたが、こちらは終始良き緊張感につつまれていた。