第707回「千代田区長選挙から思うこと」

 深谷隆司の言いたい放題第707回

 「千代田区長選挙から思うこと」


 選挙が始まる前の某調査で、現職区長がトリプルスコアで勝つと出ていた。なんとか逆転勝ちをと願っていたが、残念ながら予測の通りで惨敗であった。

 先週、6チャンネル「ゴゴスマ」から依頼があって、明日(7(火)午後155分から315分頃まで)出演する。この番組には何度も出ているが、公平だし、なによりスタッフがいい人たちで気分が良く、つい応じたくなる。

今回は惨敗の後だけに気分は重いが、まあ、愉快に論じてきたいと思っている。

 区長選挙の敗因は、第一に現職首長は圧倒的に強いということだ。区長として区民と接する機会が多いから、少し評判が悪くてもみんな当選する。

第二に準備もなく突然立候補して当選するほど選挙は甘くないということだ。自民党政経塾塾長を11年やってきたが、「ここへ来たから政治家になれるなどと思うな」と繰り返し言ってきた。志を持って命がけで国や地元のために働く情熱が必要だが、そのことをしっかり身につけるよう指導してきた。振り返れば8人の国会議員、100人を越える地方議員を輩出し成果となっている。

よさの君は11回生だが、今年の1月、出馬の挨拶に来るまであまり認識はなかった。ただ、彼の話を聞き、有為な人材だと確信し、育てたいと思ったが、時すでに遅しであった。詫びの電話が入ったから「頑張れ、これからだ」と檄を飛ばした

第三はこれが中心だが、小池ブームが続いているということだ。相変わらずドン内田を相手の代理戦争だと喧伝し、知事自ら事前も含めて5回も応援に繰り出すなど露骨な戦略を進めた。マスコミも大騒ぎでついに投票率は前回より11.40ポイントも上がった。自民党都連や自民党都議会を敵視しながら安倍総理とは握手して直接対決しない、位置取りが上手いから、有権者は躊躇せず石川候補に投票する。自民支持のうち61%も取り込み、よさのにはわずか27%、これでは勝負にならない。  

一方、自民党といえば地元の区議に任せ、応援体勢がどこまで本気なのか分からない。相手の強気の姿勢に惑わされて周章狼狽しているように見える。選挙は戦いなのだから、自民党は勇気と自信と誇りを持って、堂々と戦わなければならない。

小池陣営はこの勢いにのって、都議選挙に70人も立てるらしい。小池塾での試験で、にわかづくりの候補者を選んでも、いい人材が揃う筈がない。自民党から公認が得られなかった落ちこぼれも、必死で擦り寄っているようだが、茶番だ。

小沢チルドレンや橋下チルドレンのようにスキャンダルまみれの二の舞になれば、一番困るのは都民なのだ。

豊洲移転問題や、東京五輪問題で課題山積、「東京大改革」の掛け声だけで何をするのかさっぱり見えてこない状況が続けば、頼りの都民の支持は無くなっていく。驕れる者は久しからず・・・という言葉もあるではないか。



第706回「千代田区長選挙必勝を!」

 深谷隆司の言いたい放題第706回

 「千代田区長選挙必勝を!」


29日から区長選挙が始まった。わが党は与謝野馨元大臣の甥「よさのまこと候補」41歳を立てて当選を期している。

よさの候補はなんと私が塾長を勤めるTOKYO自民党政経塾の塾生で、私の元で学ぶ11期生である。昨年の熱海合宿にも参加しているが、初めて彼の出馬を知ったのは新年になってからであった。彼は真面目で静かな塾生で、人を押し分けて出てくるようなタイプでないだけに意外であった。

挨拶に来宅し、千代田区のために一身を捧げたいとの決意と真剣な思いを語ったが、この若者を育てることが私の勤めだと改めて強く思った。


彼は東大に2年在籍し、ケンブリッジ大学に進み卒業した俊才だ。東京、香港、パリなどで証券会社員として活躍しただけに、国際的感覚を持ち、英語、フランス語、ドイツ語を自由に駆使出来る。

ここが地盤の東京1区山田美樹代議士、私の後継者東京2区の辻清人代議士はいずれも塾生で私の教え子だが、共に語学が達者な人たちだ。これからの政治家は語学が達者で、相手と堂々と論陣を張れる人でなければ絶対に勤まらない。


12時からの出陣式には予想以上の人々が集まって道路を埋めた。マスコミ陣、カメラの放列で大変な騒ぎであった。

私も街宣車の上から教え子のために熱弁をふるった。終わると記者達が私を囲み次々に質問を浴びせてくる。そのほとんどが「代理戦争ではないか」というものばかりであった。「この選挙はあくまで千代田区を如何に発展させるか、その為にはどのような人が良いのかを選択してもらう選挙だ」と私は繰り返し強調した。この場面はテレビや新聞で度々報道されたが、是非多くの人に理解してもらいたいと思っている。

相手陣営は夏の都議選へ狙いをつけ、しきりに代理戦争をしかけ、これを煽るが、そんなことに惑わされてはならない。


よさの候補の第一声はすばらしく、私を感動させるものだった。「千代田区を次のステージに変えていくカジ取りを任せて欲しい。想像を超える素敵な変化になる。」と訴え、公約として「安心・安全な町」「国際化」「新旧文化の開花」をあげ、高齢者支援、区民が英語に親しめる環境整備、芸術やファッションの発信などに取り組むと具体的な政策を真摯に語った。


相手候補は5選目、多選で高齢だ。私が勇退した時の思いは「世代交代、若き有為な人材を今こそ政治の世界に送り込み、しっかり育てること」であった。

この選挙は厳しい。私はあらゆる努力を惜しまず、しっかり彼を支えていこうと思っている。1人でも多くの人にこの思いが届くようにと祈っている・・・。 


   


第705回「やっぱり、あの朝日新聞」

 深谷隆司の言いたい放題第705回

 「やっぱり、あの朝日新聞」


 119日の朝日新聞に「南京事件に否定的な本 中国でホテル批判」の見出しの大きな記事が掲載された。中国べったりの朝日新聞がご注進、又、日本批判をあおっているのかと腹立たしい思いがした。

 記事の内容は、アパホテルの全部屋に、同グループ代表の元谷志雄氏が自著を置いているが、その本に「南京虐殺はありえない、被害者名簿は一人分も存在しない」と書かれており、それが問題だというのである。

 中国版ツイッターの動画は9500万回以上再生される騒ぎとなり、中国外務省や在日中国大使館は「日本の一部勢力が歴史を捻じ曲げようとしている」といつものように文句をつけてきた。ご丁寧に後追い記事を書き、韓国にも飛び火、冬季アジア札幌大会組織委員会に撤去を求め、対応に周章狼狽する様子が伝わってくる。同記事に中国新華社速報で「本の撤去、アパが約束」とあったがどこまで本当なのか。海外のホテルには聖書なども置いてある。何を置こうとホテル側には表現の自由、経営の自由があって、公序良俗に反しないかぎり問題は無い。いやなら読まなければいいだけのことで、弱腰になることは全く無いのである。


そもそも、南京30万人虐殺はありえないことは今や常識だ。

 1937年、盧溝橋事件から日中戦争となるが、日本軍は一気に攻め入り南京、武漢を陥落させた。当時の南京の人口は約100万人、すでにこの内8割が逃亡し残ったのは約20万であった。これは当時の王警察庁長官の談話にもある。

英、米、仏、独、伊の居留民保護のためにジュネーブ条約に基づき「安全地帯」を設けたが多くの中国人はそこに溢れた。

 東京裁判でマイナー・ベイツ師は「死者12千人」と証言したが、この数字の根拠はなく、ほとんど伝聞であった。不思議なことに年々数が増え、1985年に建てられた「南京虐殺記念館」には30万人と正面に記し、これが中国の主張なのである。鳩山元首相はここで謝罪したが馬鹿げたことである。

南京虐殺の有力な根拠となっているのはティンパーリ編「戦争とはなにか」であるが、ティンパーリはオーストラリア人でマンチェスター・ガーディアンの上海特派員、なんと蒋介石率いる国民党の宣伝部顧問であった。

東中野修造亜細亜大学教授等は「南京事件の証拠写真を検証する」(草思社)を出版したが、3年かけて膨大な研究を行い、虐殺の証拠とされた143枚の写真の内、ただの1枚も証拠写真となるものはなかったと記述している。


歴史の真実は時代とともに明らかになっていく。朝日新聞はどう見てもおかしい。日本の新聞として公平公正に書くことを守らなければ、更に読者数は減っていくこと必定であろう。