第942回「ついに87歳」

 深谷隆司の言いたい放題第942回

 「ついに87歳」

 年月の流れは本当に早い。今日(9月29日)、馬齢を重ねて誕生日を迎えた。おかげで元気一杯、妻や家族や友人たちに囲まれ、しかも、日々忙しく、それが若さの背景だ。

 こうしてパソコンに向かっていても、次々祝い客が来られて、何度も中断している。ありがたいことである。

 特に最近はあわただしい日程が続いて、このブログも遅れがちで、皆さんから問い合わせが多かった。

 21日から九州の旅をした。大分で広瀬知事夫妻と会食、彼は私が通産大臣時代の事務次官、30年ぶりの再会だ。熊本では蒲島郁夫知事ご夫妻と会食、3年ぶりだが、彼はハーバード大学院修了の東大名誉教授、異色の学者知事だ。長崎では大石賢吾知事夫妻と会食、彼は政経塾の塾生、私の良き弟子の一人、今年39歳で知事になったばかりだ。知事と愉快な会食の旅、めったにないことである。

 24日帰京、夜はニューオータニで孫香瑠の求婚者と一家で会食。

 25日早朝は文京区の空手護身会大会、飯田会長の下500名、私は名誉会長だ。

 26日は月刊Hanadaの花田氏と自宅で来年の連載記事の打ち合わせ、辻代議士と大会の相談等。

 27日は安倍元総理の国葬、6時間と日本武道館での滞在時間は長かったが、外国要人も含め4300人以上の弔問客で粛々と行われた。何よりうれしかったのは一般献花の人が、4時間待ちの大変な人出であったことだ。

 前日、私が代表者で国葬が如何に必要か「意見広告」を産経と読売に出したが、成果が上がったと自負している。

 夜は自民党政経塾での授業をこなし、終わって塾生らとジンギスカン店で痛飲。帰宅は夜の11時半。

 28日は笹川たかし氏と「政局対談」3時間余、週刊現代10月1日版で掲載される。乞ご笑覧。夜は孫麻紀の退院祝いとあわせて前夜祭?そして今日の誕生日だ。

 これが終わって少しはゆっくりしたいが日程は詰まっている。忙しいうちが華、更に張り切って進もうと思っている。