第903回「月刊誌Hanadaが面白い」

 深谷隆司の言いたい放題第903回

 「月刊誌Hanadaが面白い」

 私が「一言九鼎(いちげんきゅうてい・心に響く言葉によって相手を安心、鼓舞するとの意)」とのタイトルで連載を続けているから言うのではないが、この本なかなか読みごたえがあって面白い。

 9月号と10月号で私は「満州引き揚げ体験」を書いたが、読者からの「胸が詰まった」との投稿もあった。「毎回大きな反響があります」と編集者からの弁に一層張り切っている。   

 今月24日発売の11月号では「地盤、看板、鞄無し 政治家への道」を2回にわたって書いている。

 古い時代を振り返り、資料を読み返したりして「自分探しの旅」のような思いである。調べる過程で昔のポスターや写真なども出てきて懐かしい。

 その「Hanada」で、今行われている自民党総裁選のことが多く書かれている。中でも面白いのがジャーナリスト堤堯氏と久保紘之氏の「蒟蒻問答」で、今月号のタイトルは「河野太郎のアブノーマル伝説」だ。

 久保「コロナ対策で菅が躓いて、(担当者の)河野はおとがめなしというのはおかしな話ですね。出馬宣言で実績として自慢げに並べたワクチン1日百万回接種とか、ファイザー1億本確保なんてみんな菅の功績をパクったもの、当初は役人と一緒になって難色を示していたんですからねえ」。

 堤「精神状態を懸念する声も聴くね。あの高飛車な物言い、あのへんてこな色柄のマスク・・・大丈夫かと言う声だよ。」

 堤「祖父の河野一郎は政界一の資産家と言われ、平塚に豪邸を構え、北海道に競馬馬を数頭持った。よほどあくどい方法でゼニ儲けをしたんだろうね、その御殿が野村秀介に放火され全焼した」

 久保「丁度その時、大磯の吉田茂邸を訪れていた三木武夫は、庭先から杖を振り回しながら、いかにも嬉しそうに帰ってくる吉田を見てご機嫌ですねと声をかけた。すると吉田は君は知らんのか、今河野の家が燃えているんだよ」(笑)

 父河野洋平が官房長官の時代、従軍慰安婦の問題を事実を曲げて書いた「河野談話」が今も日本に禍根を残していること、河野が自民党総裁の時小選挙区比例代表並立制を細川護熙、小沢一郎と夜中に決めたことなども書かれている。小選挙区制には当時野中広務と私が大反対したものである。

 9月21日、河野太郎ワクチン担当相は衆議院当選3回以下の議員の会で「党の部会でギャーギャー言っているよりも副大臣、政務官チームを半ば非公式に作ったらどうか」と発言をした。これでは政府に入った者以外は、政策審議に加わる足場や官僚との交流の場を失ってしまう。

 自民党にはそれぞれの分野ごとに部会が開かれ政策を協議し、まとまったものが政策審議会(政審)にかけられ、ここを通ると総務会に提出される。総務会で満場一致で決まったものが法案等になって国会に出される仕組みになっている。部会をやめろとの発言は国会議員の存在意義の否定で、これはとんでもない暴論である。

 前回のブログでも書いたが、河野が政審の理事の時、部会長に失礼な態度でヒステリックに自分の意見をぶちまくっていたが、あの癖が今も全く改善していないのには驚くしかない。

 党内で河野発言に轟々たる非難が高まったら、24日、「不適切で取り消したい」と発言を撤回した。

 脱原発、女系天皇容認などを主張していたが、総裁選挙で不評になるとこれらも撤回し定見の無さを露呈している。

 他の候補のことも書かれているが、今回は河野までを紹介、後はとにかく「読みで」もあるから、「Hanada」をご高覧あれ。

 ちなみに総裁選挙は私の誕生日の29日、その次の30日に緊急事態宣言解除、10月からは外出自由、飲食店で酒が飲めるか、閉塞感から脱出するだけでも楽しみである。