第894回「あきれた韓国の行状」

 深谷隆司の言いたい放題第894回 

 「あきれた韓国の行状」

 私が通産大臣時代、韓国の友人が多かった。大臣を終えた時、韓国の経済界代表や当時の大臣らが私ら夫婦をそれぞれ韓国に呼んでくれて慰労会まで催してくれた。

 あの頃の韓国と、現在の韓国はどうしてこんなにも違ってしまったのか、隔世の感がある。

 はっきり言って、もはや韓国は日本の良き隣人ではなくなった。寂しいというよりもあきれて、「ならばもう結構です」と言うのが正直な思いである。

 東京五輪で、選手村の韓国宿舎に、抗日の英雄とされる李舜臣(イスンジン)の言葉をもじった文言が、反日掲示物として物議をかもした。豊臣秀吉の朝鮮出兵の時の話で、彼らが作り上げた英雄だが・・・。

 バッハ会長は政治的宣言を禁止した五輪憲章50条に違反すると直ちに撤去させた。さすがと言いたいがこの人は公式の場で、日本国民と言うところを中国国民と言い間違えた人だから複雑な思いもする。

 韓国は選手村の食事に福島産の食材が使われる懸念から、近くのホテルに給食センターを設置し、自国の食材で弁当を用意し韓国選手に配っている。弁当特攻隊だとさ!

 韓国は東京電力福島第1原発事故を受け、福島県などの水産物の輸入禁止を継続している。しかし、放射性物質に関する日本の食の安全の検査は厳しく行われ、科学的安全性は確保されているのだ。五輪の祭典を利用して風評被害を助長する行為は断じて許せない。

 公式サイト上の日本地図に竹島が表記されていることや、旭日旗にまでいちゃもんをつけてきた。そして最後は韓国大統領訪日断念だ。

 五輪に合わせての訪日に強い意欲を見せていたのは文氏の方で日本側ではない。

 五輪で南北や米朝の対話再開の機会になると演説していたが、北朝鮮は4月には五輪不参加を表明、彼の期待はあっさり崩れた。

 又、日韓首脳会談が開かれれば対韓輸出厳格化の撤回という土産を手に入れると浅はかにも考えていた。

 日本側から言わせれば、徴用工訴訟についての解決策を韓国側が示すのがあくまで先決、これでは最初から折り合いの余地は全く無いことであった。

 そんな状態の中、在韓国日本大使館の相馬総括公使が「文政権の外交は独りよがり」と韓国人記者に話した。これは正論だが、その際に性的な表現を用いた不適切発言をしたという。馬鹿な外交官もいたものだとあきれ、更迭は当然と思うが、韓国側にとっては訪日断念の恰好な材料の一つとなった。

 1965年の国交正常化以来、最悪と言われる今日の日韓関係は文大統領が自ら作り出したものである。大統領の任期は来年5月までだから、これで任期中の関係修復は困難になったのではないか。

 本来、隣国を大事にすべきだが、それはあくまで良き隣人である場合で、今の韓国の状態を見るとそんな相手ではないと思われる。「まあ、無理して日本に来なくても結構」というのが率直な私の思いである。