第886回「困難を乗り越えて」

 深谷隆司の言いたい放題第886回

 「困難を乗り越えて」

 緊急事態宣言の31日までの延長が決まった。大型連休中の東京の感染者数が若干下がってきたので期待していた。しかし、検査数の減少が影響しているに過ぎず、都の発熱相談センターへの相談件数は過去最多で、これは感染者の増加に比例する傾向にあるので、実態は予断を許さない状況である。

 こう書いている時、速報が届いて今日(8日)の東京の感染者数は1121人と今の緊急事態宣言下で最多となってしまった。

 政府は短期決戦と宣言を出したのだが、効果が無かったということか・・・。では延長したらどうなるのか、出口の基準を明確に出していないのだから、みんな戸惑うばかりである。

 私の周囲から、特に酒類を提供する飲食店の悲鳴が聞こえてくる。いつも彼らが犠牲になるが、一体、飲食店の感染について医学的根拠がどれくらいあるのだろうか。おまけに路上飲み、公園飲みは放置されたままだ。

 国の方針について助言する立場の専門家会議の脇田座長までが「飲食店の営業時間短縮要請や大型施設の休業要請など、どれにどのくらいの効果があるか分析が難しい」と無責任なことを言っている。いつも首相の記者会見に立ち会い、専門家代表のような顔の尾身さんも、どこを向いて何を言っているのかわからない。

 あるキャリア官僚が「医者は目の前にいる人を助けるだけなので、来なかった人のことを考える必要が無い。そういう人に国家の方向性を決められるわけもない」と言っていた。

 知事には多くの権限があって、様々な対策がとれるのに、小池知事のようにパフォーマンスばかりで、責任回避が目立っている。なんだか国全体が緩んでいるようで不安である。

 あれだけ猛威を振るったイギリスは、感染率が減少して色々な規制解除に向かっているという。

 何故そうなったかと言えばロックダウンを3度も出して、個人の自由を一時封鎖してでも徹底的に感染を抑えたからだ。その上に昨年の12月以降ワクチン接種を積極的に行い国民の半数近くまで広がったことである。

 日本では、個人の自由が優先されて、緊急事態宣言を何度出しても「お願い」ばかりで、これでは「自粛」は徹底出来ない。

 本来、どこの国にも憲法に「緊急事態事項」があるが、日本にはそれが無い。無ければロックダウンなどできないのだ。 

 憲法は一字一句たりとも変えてはならないという変な議論に押されて、一歩も前進できない。

 憲法改正の手続きに関する国民投票法改正案が今国会中にようやく成立する見込みとなったが、これとて国会に提案されてから3年近くも経っているのだ。憲法改正についての世論は近年、賛成が多くなっている。国会議員はこうした声にしっかり答えるべきではないか。

 菅首相もせっかく天下を取ったのだから、もっと大局的立場で、やるべきことを積極的にやってもらいたい。

 謝罪などいらない。この国の行方を堂々と示し、先頭に立って、「国民ぐるみ」でこの危機を乗り越えるよう頑張って欲しいものである。