第859回「世の中おかしくないか」

 深谷隆司の言いたい放題第859回

 「世の中おかしくないか」

 17日、安倍晋三首相が日帰りドックを受診した。第一次安倍内閣の時、病に倒れて政権を降りたが、まさにその時現場に居ただけに心配している。

 国を担うということは大変な重圧だが、多くの人はそんなことに無頓着で、特にテレビ等マスコミはここぞとばかり、国民の不満や不安をあおっている。

 過日は東京都医師会会長がコロナ禍は安倍政権の失政であるかのように激しく吠えていた。今日のテレビ朝日「大下容子ワイドスクランブル」で、珍しくコメンテーターが、最初格別な動きもしなかったのに今頃勝手なことを言っている旨、批判していた。

 東京都が重症者数を故意に少なく発表していることが分かった。東京の失策もみな政府の責任にすりかえられてきただけに腹立たしい。

 コロナによる死者は世界の国々に比べてはるかに少ない。米国で17万人、英国で4万人、ドイツでも9千人を超えているのに日本は1100人台に踏みとどまっている。4~6月のGDPは年率換算で27.8%、欧米に比べて確実に低い。ひいき目で言うのではないが、政府はかなり頑張っていると私は思っている。
 野党は臨時国会を開けと騒いでいるが、どうせ彼らのやることは提案や協力ではなく、言いたい放題、野党の見せ場を作るだけだ。立憲民主党と国民民主党の合流劇は茶番で、選挙のための数合わせと政党助成金の取り合いの野合ではないか。

 国難ともいうべき今、国民こぞって知恵を出し合い協力し合っていかなければならないのにそんな動きは見られない。世の中、どうもおかしいと考えているのは私一人ではないと思う。


 今週の週刊ポスト、東京五輪「やる派」「やめる派」実名大激論、不肖私も出ているのでご覧あれ。