第849回「コロナ異聞」

 深谷隆司の言いたい放題第849回

 「コロナ異聞 」

 自民党政経塾第15期生を迎えて、6月2日に開講式と初の講義を行った。と言ってもコロナ騒ぎ、初の試みとしてオンラインで行った。相手がいないところでの講義は初めてで苦戦したが、約130人の塾生のほとんどが聞いてくれて反応はまずまずであった。温故知新塾は2か月講義中止だったが、15日、渋谷のクオーツタワー9階と10階に分かれて行うことになっている。ようやく「育するを楽しむ」という私の本来の仕事に戻れると張り切っている。

 サンケイとFNNの世論調査で、安倍内閣の支持率はまた急落した。後手後手だと批判されながら、集会の自粛や一斉休校は世界に先駆けていたし、何よりも感染爆発を抑え、死者の数は世界で「不思議」といわれるほど少ない。黒川前東京高検検事長問題が足を引っ張ったとはいえ、安倍支持が低いのは残念だ。

 ステイホームでテレビ漬けだが、あまりにも安倍批判オンパレードで、これでは正しい世論は生まれないと痛感している。

 素人が論客と称して言いたい放題、特にテレビ朝日社員の玉川徹氏はお粗末だ。「コロナとの戦いは戦争に譬えられるが、戦力の逐次投入は失敗のもと、旧日本軍はそれで負けた」だって・・・、ピントが狂いすぎている。コロナの女王?岡田晴恵氏は、「経済対策より命だ」と盛んに言う。失業率が1%上がると自殺者が約4千人増えると言われていることも知らないのか。

 こうした扇動者について月刊誌「HANADA」が詳細記事にしている。是非一読を薦めたい。

 国難ともいうべき今、コロナ解決の為に政官はもちろん、国民が総力を挙げて協力し合うことが肝要なのである。