第846回「人脈」

 深谷隆司の言いたい放題第846回

 「人脈」

 長い間生きて来ると人脈が広がる。私の場合政治家として50年も歩んできたから素晴らしい人脈に恵まれている。それを自分のために活用するのではなく、他人の為に活用できることは愉快ではないか。

 日本病院家具協会に所属する友人から、「病院から出される寝具等の消毒の一部を業者に依頼する旨の通達があったが、とても対応が出来ない」と連絡がきた。早速、辻清人衆議院議員に厚労省、特に大臣に陳情せよと連絡したが、すぐに返事があって「第一次消毒は病院が行うから感染等の心配はない。医療関係者の手が足りないので、あとは業者の協力を得たい、早く正常に戻すので深谷先生によろしく、との加藤大臣からの伝言もありました。」辻代議士は自民党政経塾塾生で私が選んだ後継者だ。

 院内感染者が多発した墨田区の山田記念病院、都議会議員時代に私も縁があったが、力を貸してほしいと依頼があった。選挙区である松島みどり衆議院議員、元秘書の中屋文孝都議会議員にすぐ対応するように指示、中屋君は墨田区の川松真一朗都議にも声をかけてくれた。その日の内にそれぞれの議員が直接病院、東京都と協議、なんと即日東京都から300枚の防護服と大量のマスクが届けられることになった。

 台東区は永寿総合病院で多大な感染者、死者を出したが、服部征夫区長と連絡、石塚猛議長ら自民党区議団が協力して、この1週間、感染者ゼロとなっている。

 この他にも枚挙にいとまがないが、人脈とはありがたいものだと改めて思う。いわば人脈は私の財産、大切にしていきたいものである。