第843回「コロナ異聞」

 深谷隆司の言いたい放題第843回

 「コロナ異聞」

 コロナ騒動下、日常の暮らしは一変した。何しろ塾は中止状態、講演も中止、毎日家で過ごすなど初体験である。

 そんな折、週刊ポストから、4月27日発売のGW合併号で複数の国会議員の重鎮(先方の話)へのインタビューを企画したので登場してほしいという。

 結局、対面取材を避けて、私が質問にこたえてFAXし、それをもとに電話で更に質問するということになった。大いに語ったが、記者には全く会わずのインタビューも初体験だった。一体どんな記事になるのだろうか・・・。

 毎晩、一緒に住む倅一家と夕食だが、こんなに続くと家内と嫁は毎晩献立で苦労しているようだ。当分、他所へは出られないから二人の苦労は続くが、私は悠々愉快に飲んでいる。昨夜は倅が珍しく早く席を立ったのでどうしたのかと思ったら、友人たちとリモート飲み会だという。古い私は、そんな便利なこともできるのかと呆然・・・。

 今朝(4月22日)の新聞に、「7都道府県感染勢い鈍る」とあった。緊急事態宣言から2週間、少しは効果があったのかと思ったが、スーパーは家族連れで一杯、パチンコ店は満員、湘南や千葉の海にはサーファーが集まり、週末は行楽地が賑わっている。必死に自粛要請する関係者の声に応えない人が相変わらず多い。  

 戦争に匹敵するこの危機を乗り越えるため、みんなで自覚し真剣に暮らしたいものである。