第838回「新型肺炎異変」

 深谷隆司の言いたい放題第838回

 「新型肺炎異変」

 安倍首相は新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、3月2日から春休みまで全国の小中高、特別支援学校を臨時休校とするよう要請した。すでにスポーツ、文化イベントの中止、延期、規模縮小などの要請も行っている。

 マスコミはこうした問題を取り上げて、相変わらず評論家とやらが賛否両論で口角泡を飛ばしている。「後手後手」だと政府対応を批判しているかと思えば、逆に学校閉鎖など弊害が大きく「急すぎる」と批判する。なんとも不毛な議論ばかりで、それをさも得意げに語る姿には辟易する。約1300万人の子供を守り、在宅の老人たちへの配慮も含め、必定の対応だ。これらに対する経済的支援も行うと、責任をもって安倍総理は発言している。信頼し協力しようではないか。

 急速な拡大か終息に向かうのか、今はまさに勝負時である。いわば壮大な社会実験に国民全体が参加するという覚悟でこれに臨むことが必要だと思う。

 自民党政経塾の15期生卒業式は3月3日の予定であったが1か月伸ばすことにした。いくつかの講演もすべてキャンセル、家内と京都旅行の予定があったがこれも取りやめた。孫たちにも手洗い、消毒を徹底させ私の周囲も自己防衛に努めている。

 逆に少し時間がとれるようになった。さてどのように過ごそうか。過剰に神経質になるのも考えものではある。周りに感染者が大勢いるわけでもないのだから、老人は抵抗力をなくさないよう散歩などが必要と医者が言っていた。次なる講演の資料集め、原稿づくり、読書、そして適当な運動、夜はみんなで一杯・・・思えば結構忙しい。


 徳真会の松村先生に依頼されて東西南北の守り神、150号の「青龍」「白虎」「朱雀」を描き上げ、3月26日には石巻診療所で最後の「玄武」除幕式を行ったばかりだ。これに新潟の新津診療所に300号の「昇龍」も加え6年がかりですべてを仕上げたことになる。これからはまた新たな絵に挑戦することもいいかと思う。

 感染症騒ぎで、ともすると心が滅入るが、陽転思考に切り替え前向きに生きるように皆にも伝えよう。


 それにしても不遜なのは中国だ。世界の国々(51か国)にこれだけの危機を与えたのに一言の謝罪も無い。習近平国家主席は4月上旬に国賓として来日予定であったが、「環境が整わず」とやらで延期になるようだ。3月予定の全国人民代表大会(国会)すら開けないのだから来られる筈もないではないか。

 韓国は日本のウイルス対策を「安倍政権の小手先対応」などとあげつらい、日本への旅行留意の警報まで出していた。しかし、中国を超えるペースで増え続け今や感染者3526人(3月1日現在)、世界で2番目の感染国になった。日本の挙げ足を取っている韓国が、結局は自分たちで転んでしまうのがいつものことだ。昨日、文大統領が「共に危機を克服しよう」と日本に呼び掛けたという。少しは反省したのだろうか・・・?あてにはならない。