第837回「新型肺炎騒動」

 深谷隆司の言いたい放題第837回

 「新型肺炎騒動」

 新型コロナウイルスに対して政府は水際対策を続けていたが、どうやら懸念していた市中感染の可能性が高まってきたようだ。政府は国内感染拡大に向けた早期発見と治療のための医療体制の整備に軸足を変えるという。しかし、そんなことは最初から分かっていること、一体厚労省は何をしているのか。すべて後手後手になっているようで歯がゆくてならない。

 あきれたことにこんな時でも国会は「桜を見る会」などの追求で紛糾している。12日の予算委員会で立憲民主党の辻元清美に「意味の無い質問だ」と安倍首相が自席で発言、審議ストップとなってしまった。

 かねてから私も野党の失礼な質問ぶりに不快感を持っていたが、「タイは頭から腐る、ここまで来たら頭を変えるしかない」など不見識、無礼な言い方で、一国の総理に対する言葉ではない。石破元幹事長は「罵詈雑言があっても政府側は平身低頭して対応すべきだ」と言っていたが、なんでそんなにへりくだる必要があるのか。強いて私に言わせれば、あんなレベルの低い相手にムキになっていてはいけない・・・というところか。

 ドイツで日中外相会議が行われ、4月上旬に予定する習近平国家主席の国賓来日に向け、緊密に連携して準備を進めることを確認したという。依然としてコロナウイルスが猛威をふるっている中国、そのことで一番迷惑を受けている日本、どう考えても訪日を取りやめにすべきだと思う。

 共同通信社の世論調査で内閣支持率は41%と急落した。その背景は何か、政府はしっかり考えなければいけない。