第834回「正月もいろいろ」

 深谷隆司の言いたい放題第834回

 「正月もいろいろ」

 昔、現役であったころ、正月は新年会の連続で大変だった。1日に10ヵ所以上もあって、1月だけで300ヵ所以上も顔を出し、 必死に回ったものである。

引退後は台東区、文京区、中央区主催の新年会には顔を出したが、あとは特別な依頼以外、丁寧に断ることにしている。

 おかげで家族全員が集まってにぎやかな毎日であった。親族一同健やかな姿で新春を迎えられることは幸せなことで神仏に感謝したい。

 13日には孫の安希与、香瑠の運転で冨士霊園にお墓参り。深谷家、井上家の墓標の前で感謝の読経を捧げた。今の幸せは愛情深かった亡き両親のおかげで、あの頃をしのび感慨無量であった。

 箱根神社にも詣でようと出かけたが、道路は大渋滞、神社の近くまではたどり着いたが、それ以上は進まず、また後日にすることにした。

 素晴らしかったのは富士山だ。わずかに雲を従え、その雄姿には心を打たれた。箱根に来るたびに富士山に様々な祈りをしたものだ。特に政治家として存分に働かせてほしいと願ったものだが、今は政治家人生を全うできたことに感謝である。

 16日は新春新派公演、「明日の幸福」の観劇で三越劇場に出かけた。主演の波乃久里子さんは、私の現役時代、文京区の個人演説会に何度も応援に来てくれたご縁である。この芝居は昭和29年に劇団新派が初演して以来、新派の財産として継承されてきた名作だ。現代では珍しくなった三世代同居の家族が、それぞれの異なるお互いを理解し、絆を取り戻す物語だが、頑固おやじが政治家で、最後に厚生大臣になって「めでたし、めでたし」となるところが、面白かった。

 20日から温故知新塾、翌日から自民党政経塾が始まる。さあ、今年も元気で頑張ろうと、自ら鼓舞している。