第832回「温故知新塾4期終了式」

 深谷隆司の言いたい放題第832回

 「温故知新塾4期終了式」

 本当に月日の流れは速い。12月23日、最後の講義の日、「1年教えて思うこと」を次のように塾生に語った。

 五経のひとつ「礼記」に「学びて然る後に足らざるを知り、教えて然る後に困(くる)しむを知る」とある。学問する事によって初めて自分に不足するものが分かってくる。又一方、人に教えてみて初めて自分の知識の不足についての苦しさが分かる。

 授業の前に多くの本を読み、推敲し、パソコンを打って講義の原稿を作る。孫の安希与に更にパワーポイントを作らせ、授業に万全を期しているが、まだ何か足りないといつも迷ったりしている。84歳の高齢になっても学ぶ事は尽きないと、いつも全力で走り続けているといった按配なのである。

 続けて通う塾生も多いが、今年で終わる人には惜別の思いがある。彼等に三体詩にある言葉「寸心遠近なし、辺地風霜あらん」を伝えた。お互いに許しあった私どもの心には、遠い近いの区別は無い。ただあなたがこれから行くところは荒い風、激しい霜もあろうから、くれぐれも体に注意して欲しい・・・。  


 5期生の募集が始まった。又いい人材が集ってくると期待して胸が高鳴っている。

(温故知新塾 渋谷区渋谷2-10-10 クオーツタワー10階 

 塾申し込み先 03-6431-9809 野上宛) 


 自民党政経塾も来春で15年目を迎え、すでに卒業生2500人、国会議員は9人、地方議員は300人を越える。温故知新塾もそうだが、塾生のレベルは年々高くなって、医師、弁護士、大学教授、官僚等も多く頼もしいかぎりである。


 今年は大学の講義にも何回か呼ばれたが、総じて若者の読書離れが目立っている。23日、国立青少年教育振興機構が発表した読書習慣調査でも全年代を通じて1ヶ月に紙の本を全く読まないとした人は49.8%に上ったという。特に20代は52.3%、30代は54.4%と活字離れが増え続けている。

 過日逝去された中曽根康弘先生は、「政治家は常に本を読まねばならない。教養を高め芸術論、文化論が出来なければ世界の政治家に太刀打ちできない」と常に言われていた。若い人たちに読書を強く勧めることも私の勤めだと思っている。

 もっとも一方で、スマートフォンやタブレットなどで電子書籍を読む人の割合は伸びているという。

 実は私も、12月13日 日経ビジネスオンラインゼミナール「怒らない宰相・中曽根氏の人間像を元腹心が語る」に登場している。このアクセスで記者は銀賞を得ている。

 BLOGOS「レジェンドたちが振り返る平成」「令和の政治家は国の為に死ねるか」「自民党重鎮深谷隆司が振り返る平成」でも角谷浩一氏のホストで出ている。いつでもアクセスできるところが特徴なので、是非参照してもらえば幸甚である。