第831回「日々是好日」

 深谷隆司の言いたい放題第831回

 「日々是好日」

 12月9日から、箱根の中野嘉之先生の別荘兼アトリエにこもって150号の絵を描き上げた。徳真会の松村先生に頼まれた東西南北の守り神「四神」の内、青龍、白虎、朱雀は既に描いたが、最後の玄武だ。亀は平凡すぎて難しい。数ヶ月かけて下書きを何十枚も描いたが、ようやくいい感じで仕上げることが出来た。

 高名な日本画の中野先生もつきっきり、奥さんは食事や酒の世話までしてくれ、おまけに箱根神社の宮司夫人が、いまや箱根名物の「俺のうどん赤」を提供、店の経営者親子が鍋持参で用意してくれた。

 丁度、「箱根ガラスの森美術館」で馬頭琴の名手セーンジャー氏が出演中とあって皆で出かけた。岩田館長は上京中で不在だったが、細かく指示したと見えて総支配人以下大歓迎であった。ちなみにここのベネチアン作品は半端ではない、見事に揃っている。夜はイタリアンの「アルベルゴバンブー」で打ち上げ、まさに至福の時であった。


 13日は辻清人代議士の励ます会がホテルニューオータニで開かれ、私が世話人代表で挨拶した。

 「近年、政治家は劣化していないか。国会はモリカケ問題から、今は桜を見る会で大騒ぎ、質問してはいけないなどとは言わないが、モリカケの時は北朝鮮が弾道ロケットの打ち上げや核実験、桜の会の時はトランプ大統領が日米安保は不公平、場合によっては辞めてもいいとまで発言している。いずれも日本にとっては重大問題だが、国会での議論はほとんど聞かれない。

 国家にとって何が優先課題かが分かっていないのだ。政治家は命がけで国家国民のために働かなければいけない。その覚悟と愛国心を持って活躍しているのが辻君だ。彼を信じしっかり支えて欲しい」。

 辻代議士「先生の話を聞いて思わず背筋を伸ばした。当選して7年になるが充分に務めを果たしているか、自らに問うています」。翌日電話があって「まるで政経塾に戻ったような思いでした・・・」。いい後継者を持って自分は幸せだと改めて思った。

 その日の午後は宅建クラブで講演、昔からの支援者山下氏からの依頼であったが、懐かしい顔が多くて気分もさわやか、「政治のあれこれ」を気持ちよく語った。

 この日は家内の誕生日、81歳になったが元気一杯で嬉しい。沢山の祝い花、家族一同に囲まれて上機嫌、私は得意の「おじいちゃんパスタ」を作って振舞った。

 14日、杏林大学病院、区立台東病院に入院していた孫の麻紀も退院、明日は一族で誕生祝もかねて盛大に盛り上がる。日々是好日、感謝の心しかない。