第823回「馬齢重ねて84年」

 深谷隆司の言いたい放題第823回

 「馬齢重ねて84年」

 9月29日、私は84歳になった。

「人生は短いというより早い」と、郵政大臣だった頃、部下の局長が言っていたが、あらためて本当にそうだと思う。

 さすがにこの歳になると、頑健だった体にも変化が出てくる。膝が痛くて正座が出来ない。神社のお参りの時、玉串奉奠で本当に困った。横になると起き上がるとき手首が痛くて立ち上がるのに苦労する。

 耳鳴りが始まって5ヶ月になる。これも加齢が原因という。いろいろな病院を訪ねたが、結局、「慣れるしかない」と杏林大学病院の医師に言われたが、それしかないというのが実感だ。   

 薬を飲み、鍼治療などにも通っているが大きな変化はない。もっとも、最初の頃はフラストレーションがたまって5キロも体重が減ったが、今は食事も酒も美味しくて、なんと体重は6キロも戻り、逆に減量に苦労している。

 勝手なものだが、これが少しずつ慣れているということかもしれない。


 誕生日前日、ひょんなことから箱根でゴルフをやることになった。なんと10年ぶりだが、ハーフで49のスコア、一緒に回った松村会長、箱根神社小澤宮司から「若い、歳の割に頑健」と盛んに褒めてもらった。お世辞と分かっていても嬉しかった。


 30日は渋谷の「温故知新塾」、翌1日は自民党政経塾と講義が続く。「若い人を育てる」、これが私のライフワークだ。

 10月は伊勢神宮参拝、聖徳太子墓所や高野山を訪ねる旅に出る。そして、二所ノ関親方のご子息の結婚式では、主賓挨拶をと言われている。

 徳真会に150号の「四神」の絵を頼まれ、すでに「青龍」「白虎」「朱雀」は各所の診療所に掲額されているが、最後の「玄武」のイメージが浮かばず悩んでいる。

 84歳の新しい時代が始まったが、相変わらず多忙な日々が続く。しかし、これが私の元気の源泉、大いに張り切って働こうと思っている。