第816回「孫達とハワイへ」

 深谷隆司の言いたい放題第816回

 「孫達とハワイへ」

 参議院議員選挙が終わり、自民党都連最高顧問として無事両者を当選させほっと一息、翌22日は両者の当選報告会で2時と5時に挨拶、夕方6時半からの温故知新塾で講義を済ませ、ハワイ行きの飛行機に乗るため羽田に直行した。

 耳鳴りが続いていて、飛行機はどうかと多少の心配はあったが、なにしろ家内、倅一家と一緒とあって気分は最高だった。

 ハワイでは、孫達と海で遊び、毎日プールで泳いだ。女房は留守を守る娘や孫のためにお土産のストアめぐり、しかし、超多忙な毎日から開放されて彼女が一番元気であった。

 倅達案内のレストランで美食続き、耳鳴りも時に激しいが、そんなことに構ってはいられない。完全無視を決め込んで過ごした。早く慣れるしかないらしい。


 28日帰国、選挙後何事もなく、ただ暑い日が続いているのみとのことで安心した。

 29日、丸川議員から連絡、「私の会で、頭を強打されたと聞き、心配で電話しました」。実は会場の壁際を案内されて行く時、出ている鉄の箱の角にこめかみをぶつけ、一瞬倒れる場面があった。みんなに助け起こされて内心心配であったが、その後挨拶も普通に出来、帰りに念のために元赤坂診療所の仲尾医師の診察を受け、大丈夫と言われ旅に出たのだ。

 改めて丸川議員の女性らしい配慮を知ったが、それよりも歳をとると、日頃なんでもないことが命取りになりかねない。これからは女房共々用心深く生きようと思う。


 今更言っても仕方がないが、今度の選挙の投票率の低い事・・・、選挙区投票率は48.80%で24年ぶりに50%を切ったという。有権者の半分も投票に行かないで何が民主主義か・・・。

 しかも、東京など、こんな人がと思うような人が当選している。きれい、若い、話題の人が勝つ選挙でいいのだろうか。

 参議院は6年任期で解散がない。しっかり日本の今と未来を見つめ、政策を考える「良識の府」ではなかったのか。いまや衆議院と同じ政争の具で、衆議院のカーボンコピーになっている。

 当選した議員諸君、厳しい日本を取り巻く環境を考え、愛国心を持って国政に当たって欲しい。心からそう念じるしかない。