第810回「香港人の不安」

 深谷隆司の言いたい放題第810回

 「香港人の不安」

 2003年、香港で「国家安全条例」に反対する市民による50万人規模のデモがあった。今度のデモは103万人というから、香港の人の7人に1人が参加したことになる。

 日本の議会と同じなのが「立法会」だが、ここで出されようとしているのが「逃亡犯条例改正案」で、これが通ると恣意的に運用され、民主活動家等が中国に引き渡され、中国批判の集会等も出来なくなる。

 香港に暮らす外国人も中国本土に引き渡されたりする。そうなれば海外からの投資も減り、ビジネスに悪影響を与える。 

 香港の司法は英米法体系(コモン・ロー)で、イギリス植民地時代と同じで、透明性が高く司法制度が確立している。ちなみにいえば死刑制度もない。

 一方の中国は司法機関が共産党の指導下におかれ、国の考えが法の上でもまかり通る。香港がそうなっては大変だと市民は考え立ち上がったのだ。


 昔、私もよく訪れたが、長い英国植民地として活気に溢れ、高いビルが林立し、まさに世界的金融都市であった。

 1984年に主権が移動し、香港特別行政区となって「一国二制度」がとられるようになった。一国二制度といかにももっともらしいが、私は当時から、要するに中国化だと思っていたが、その傾向が近年益々露骨に出始めている。

 今や中国の覇権主義は一層激しくなり、それは台湾にも及んでいる。

今度の超大規模なデモが、どのような結末を迎えるのか・・・、中国に危機感を持つ日本にとっても重要で、遠くの火事などと決して思ってはいけないのである。


 このところ、又私は忙しく飛び回っている。自民党都連支部長合同会議で檄を飛ばし、新人議員研修会では当選したばかりの地方議員達に「いかにあるべきか」を説き、200名を越えて部屋に入りきれないほどの満員の政経塾で熱弁、政木後援会会長と石塚、鈴木台東正副議長祝いの会を開いたり、「居合道全国大会」で武士道精神を語ったりした。

 二宮さよ子さんの「ひとり芝居」、歌舞伎座に招待されて2日間連続観劇、相撲の旭秀鵬関の結婚式・・・。

 この間、例の「耳鳴り」は相変わらずで病院にも通った。こればかりは困ったものでなかなか治らない、後は如何に馴れるかということらしい。

 こうしてパソコンを叩くのは一番しんどいが、少し休むとみんなが心配してくれるので、頑張ろうと思っている。

 皆さんの御健勝を祈っている。