第808回「ついに石塚君議長に」

 深谷隆司の言いたい放題第808回

 「ついに石塚君議長に」

 5月16日、台東区議会自民党太田幹事長らが来宅、「お陰で石塚猛君が議長に決まりました。さらにわが党の鈴木純君も副議長に決まりました」と嬉しい報告があった。今度こそと思って、私なりに様々な人に頼んできて、ようやく共産党を除く区議全員が了解したとの情報は得ていたが、改めて決まったと聞いてほっとした。前回は望月元美副議長1人であったから鈴木副議長の同時決定は上出来である。

 石塚君は専修大学の時、アルバイトで私の手伝いをしてくれた。当時、私は汚職事件で解散になった都議会の状況に憤慨し、区議を辞めて出馬、260票足りずの次点で浪人中であった。

 やがて私は最高点で都議になり、知事として人気を誇った美濃部亮吉氏と対決し、「美濃部キラー」と言われたものだ。37歳で国会議員になったが、数年後、石塚君は再び私の秘書になり、通産大臣の時、大臣秘書官になった。大臣秘書官には中屋都議や稲見、辻代議士政策秘書などがいる。

 台東区議4期、72歳になり、今年が最後のチャンスと思っていたから、家内共々家中で喜んだ。任期2年、ワールドカップ、オリンピックなど国家的行事が続くから活躍の場は大きい。

 鈴木副議長は故鈴木昭司区議の息子で3期目、最高点当選など何時も上位で当選した若手の有望株である。

 和泉ひろし君も区議に返り咲き、私も服部征夫区長の依頼を受け「台東区顧問(無給)」になったから、これからの台東区政は面白くなると思う。


 ところでこのブログ、ちょっと遅れたので色々な方から心配された。最近、少し体調が優れなかったことは事実だが、特に病というわけではない。

 激しかった地方選挙が終わってほっとしたのか、自宅風呂場で転倒、CT検査は異常なかったのだが、数日後から「耳鳴り」が始まった。

 杏林大学病院で治療を受けているが、加齢も含めて耳鳴りは起こって当然という状況であったらしい。これはどうも簡単に治るというものではないらしい。結構大勢の人が耳鳴りで苦労しているようだ。友人などの体験者から聞くと、「共に生きる」、つまり慣れるしかないようだ。医者も病気では無いのだら、通常の暮らしをして馴れて下さいと言う。

 5月は色々な仕事が山積している。自民党政経塾、温故知新塾、30日は神戸の関西学院大学の講義もある。二所ノ関部屋後援会長として大相撲関連にも顔を出す。そうだ21日はテレビに映る場所に座っている。6月には自民党新人議員研修会、旭秀鵬関の結婚式・・・やがて参議院選挙だ。

 ともかく気合を入れて頑張るのみ、と思っている。