第807回「令和時代幕開け」

 深谷隆司の言いたい放題第807回

 「令和時代幕開け」

 10日間の連休、前半は空いているとの交通情報を信じて、28日御殿場の冨士霊園にまずお墓参り、なんと40キロの渋滞であった。2日間箱根の山荘で過ごし、30日、「退位礼正殿の儀」のテレビ中継を見るため帰宅、天皇として最後のお言葉を伺った。「象徴としての私を受け入れてくれた国民への感謝と平和への祈り」、最後に「幸せでした」と言われた時、私は滂沱の涙であった。上皇陛下への感謝こそ国民全体の思いである。

 昭和天皇の「大喪の礼」を経験し、特に「即位の礼」の時、私は郵政大臣であった。崩御された昭和天皇のお声をお聞きすることは勿論無い。喪に服した1年間、世は全て自粛ムードで悲しく暗いものであった。

 令和元年5月1日の新天皇の御言葉を伺い、これから10月の即位の礼まで、お祝いの明るい日々が続く。改めて生前譲位の良さを噛みしめたものだった。



 それにつけても「令和」と言う元号は素晴らしい。1200年前、奈良時代に作られた日本最古の歌集「万葉集」からの新元号、初めて日本の古典から作られたことが特に嬉しい。

 4500首からなる歌集は、天皇、皇族のみならず農民から防人まで、あらゆる社会層に及ぶ。まさに民主主義が芽生えているではないか。万葉集は日本の豊かな国民文化と長い歴史と伝統を象徴している。

 民主主義の発生は古代ギリシャとかローマと言うが、奴隷の上に成り立った国にそんなものなどありはしない。日本こそ民主主義発祥の国なのである。

 「令」は清々しい、整って美しいの意で、令夫人令嬢などと使われる。「和」はやわらぎだ。「清々しく柔らかな時代にしたい」との願いが込められている。

 ところが何事にもけちをつけるものがいる。韓国の報道も、ロイター通信やBBC電子版まで、「令」は命令で権威主義的ニュアンスがある等と書いている。 

 朝日新聞や毎日新聞にも同じような事が書かれているが、「難癖をつけるのが報道」と信ずる彼等が、いつものように「つげ口」情報で流したのではないかと勘ぐりたくなる。日本の政治家にも同じような連中がいて、共産党の志位委員長、社民党又市党首はいつもの事だが、自民党の石破元幹事長まで「違和感がある」と語った。いい人なのに時々余計な事を言う。世論調査(産経・FNN )で87%が好感を持ったと答えている。各地の大歓迎振りはマスコミ報道で明らかで、そんな国民の心も理解出来ないのか。

 令和の時代も日本の内外とも困難な問題が山積している。国を挙げて「国家戦略」を議論し、少しでもよき時代を作らなければならない。私も感激と覚悟を持って、この時代に「為すべきこと為し」、立派に生き続けたいと思っている。