第805回「選挙戦終わる」

 深谷隆司の言いたい放題第805回

 「選挙戦終わる」

 大阪と沖縄の補欠選挙で自民党が敗れた。衆参選挙で8連勝中であっただけに残念ではあるが、私から言わせれば「織り込みずみ」のことである。

 知事、市長のダブル選を圧勝した直後の大阪維新の勢いは止まらない。そんな状況の中、死去した自民党の北川氏の甥が出て「弔い合戦」などと主張しても始まらない。今時通用しない選挙戦術なのだ。本来安全保障は国の最大のテーマだが、沖縄の人々にとっての基地問題は、そう簡単に割り切れないものがある。今後の政府の深い配慮と対応が必要だ。

 しかし、どこかの社説のように、これだけで「政権のゆるみが招いた敗北」と決め付けるのはどうか。大臣や副大臣のお粗末な発言で顰蹙を買ったことは事実だが、おごりと言うより、適材適所で立派な人を大臣に選べばよかった・・・と言うことではないか。

 夏の参議院選挙に向けて大事なことは、もっと自民党ならではの政策を堂々と打ち出し、党本部と地方組織とのちぐはぐな状況を改め、挙党一致体制をしっかり築くことだと思う。


 地方選挙では、私が先頭に立って応援した区長候補、中央区の新人山本たいと氏と、文京区の現職成沢ひろのぶ氏が予想通りに圧勝した。特に山本氏は新人だけに力を入れたが、まさに上出来で「ほっと」した。

 夜10時少し前に当確が出たが、両方の選挙事務所での挨拶、万歳に間に合った。NHKテレビ、産経新聞に私の勇姿?も出て、みなさんから「よかったですね」と声がかかった。

 区議選挙では、中央区で自民公認の13人と無所属1人、文京区では自民党10人が当選、ほとんどの人が私が塾長の自民党政経塾出身者で、新人も多かった。

 残念だったのは中央区の現職石田氏、染谷氏、文京区の森氏、橋本氏の惜敗だ。特に昔の秘書だった橋本直和君は32年の区議生活で9期目の挑戦であった。僅少差で破れたが、早朝一番に電話があって「これから伺いたい」と言う。「来なくていい。近く中屋都議と君の激励会をする。体を大事にしてくれ・・・」、夫婦の心情を思い、気の毒で、それしか言えなかった。


 北区の区長候補花川与惣太氏はわが家の最大の話題であった。区議から都議を経て区長になった人だが、なにしろ私と同年齢の83歳(最終日には84歳)だ。おまけに対抗馬は元都議の音喜多駿氏、小池知事問題の時、私とテレビ「ゴゴスマ」でちょっと討論したこともある。その後小池知事と袂をわかったが、それなりの話題を集めていた。結果は1万票以上差をつけて花川氏が勝った。万歳。

 戦いすんで日が暮れて・・・。連休は家族と一緒に楽しさを満喫したい。