第804回「BLOGOSで平成を振り返る」

 深谷隆司の言いたい放題第804回

 「BLOGOSで平成を振り返る」

 政治ジャーナリストで高名な角谷浩一氏が17日来宅、平成30年を振りかえるというテーマでインタビューしたいとの申し入れがあった。

 角谷氏は元々政治部の記者で昔からお互いによく知っている。その上、テレビの「ゴゴスマ」で何回かご一緒に出演している。「ゴゴスマ」は名古屋での生放送だから、往復の時間を考えると大変だが、近頃は視聴率が高いから自分の思いを語るには最適なテレビだ。そんな仲間意識もあって快諾し、25日にインタビューを受けることにした。

 BLOGOSは月間750万以上のユーザーに読まれているニュースサイトで、その編集長が私を最初に指名してくれたという、光栄なことである。


 昭和天皇が崩御された時、私は「殯宮祗候(ひんきゅうしこう)」に参列した。天皇の御柩のお傍に付き添い御冥福を祈るのだが、これは仏教でいう通夜にあたる。森喜朗代議士(当時)と2人で2時間ほどお傍に付き添ったのだが、まさに得がたい経験であった。

 崩御後1年経ち、喪が明けた時から準備が始まり、平成2年(1990年)11月12日に「即位の礼」が行われた。この時、私は郵政大臣で、家内と共に全ての公式行事に参列した。

 あれから総務会長、自治大臣、国家公安委員長、通産大臣を2期務めたが、いわば平成のスタートから令和を迎える時まで、私は第一線に立って政治家として人生を燃やして来たのだ。

 特に災害の多い時代であったが、自治大臣として、例えば雲仙普賢岳の災害対策で1千億円の復興基金を決めたことなど思い出は尽きない。

 ひとつの時代を終えるにあたって、BLOGOSで思い出を語る機会を得ることは私にとっても嬉しいことである。さてどんな話になるのだろうか、インタビュアーの角谷氏に期待したいものである。


 第二ラウンドの統一地方選挙、応援で様々な区を廻って忙しい。文京区の成沢ひろのぶ区長候補は最初無投票かと言われていたが、対抗馬が出てほっとした。4年間の実績への区民の評価がどう出るか、これは大事なことなのである。

 中央区の山本たいと区長候補は新人だけになかなか大変だ。「この勝利は自民党区議候補との連係プレーが如何に出来るかで決まる!」と私は檄を飛ばしたが、ようやく軌道に乗りつつある。なんとか勝たせたいと私も必死だ。

 特に文京、中央区の自民党区議候補は粒ぞろい、毎日数箇所の演説会に出て獅子吼しているが、その度に懐かしい応援者に囲まれる。口々に「若い」と言われるが、若さの秘密は、こうした優しい人々のお陰だと思っている。