第802回「彦根で令和」

 深谷隆司の言いたい放題第802回

 「彦根で令和」

 4月1日、娘恵理の義理の両親、92歳になる小田夫妻の見舞いに家内と彦根に行った。

 この日は元号が決まる日、しかも米原駅に着く丁度その時間が菅官房長官発表の時とあって、もっぱら娘のスマホに注目していた。


 小渕官房長官が「平成」を発表した頃の光景が脳裏に浮かぶ。あの頃私は53歳、まさに脂の乗っていた時代であった。

 労働政務次官、総理府総務副長官を経て逓信委員長となり、昭和天皇崩御の際は、仏教でいう通夜にあたる「殯宮祗候(ひんきゅうしこう)」で御柩に付添っていた。

 「大喪の令」の後、今上天皇が即位された時は郵政大臣として「即位の礼」、「大嘗祭」など全ての公式行事に家内と共に参列していた。

 時代がまさに大きく移り変わる時、その現場にいられたことは政治家冥利に尽きると思っている。

 あれから30年、総務会長、自治大臣、国家公安委員長、通産大臣2回と一身を政治の世界に捧げ、まさに平成を駆け抜けてきて、今、感慨無量である。


 「令和」、なんと素敵な元号だろうか。645年の「大化」から248番目に当たるが、今までの出典は全て漢籍(中国古典)に由来してきた。初めて国書(日本古典)で、しかも万葉集から引用したという。なんでも中国古典からという発想はすてるべきだとかねてから主張して来ただけに嬉しい。

 万葉集は全て漢字で書かれてはいるが、和歌のこころは日本の伝統的独自の文化であることはいうまでもない。 私の拙著「本当はすごい日本人」でも触れているが、日本は縄文時代から民主的で心豊かな人々が肩を寄せ合うように生きてきたのである。

 万葉集には約4500首が収められているが、天皇や皇族だけでなく、農民や防人までが詠んだ和歌を集めた優れた古典である。あらゆる社会層に及んでいて、どの人の心も大切にしようという国だった証でもある。


 西暦がいいと言う人もいるが、西暦は数字で表す単純な文明だ。使用するには便利なこともあるが、元号のように時代や国民的体験を振り返ることが出来るものではない。私など昭和へのノスタルジーがあるが、同じように元号への愛着を持つ人は多いのだ。


 安倍総理が言ったように「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が、それぞれの花を大きく咲かせることが出来る、そうした日本でありたいと私も心から願っている。