第800回「台東区選挙終わる」

 深谷隆司の言いたい放題第800回

 「台東区選挙終わる」

 全国統一地方選挙に先駆けて3月10日から始まった台東区区長、区議選挙は17日終了した。

 私が選対総本部長になって戦った服部征夫区長候補は、47,000票を獲得して圧勝した。前回私が出馬を促し初当選したが、この4年間、持ち前の誠実さでよく働き、かなりの成果を挙げて区民の信頼を得た。内助の功も大きい。

 17日夜10時半過ぎ、上野の事務所に駆けつけた支援者と共に、私の音頭で万歳三唱したが何度やっても最高に嬉しい一瞬だ。辻代議士、中屋都議、政木、安倍両会長もご機嫌だ。この光景はマスコミ各社で報道された。

 ちなみに私は彼の依頼で、無給を条件に台東区の参与になって区政運営に協力してきた。台東区のためにいささか協力出来たことを誇りに思っている。


 区議会選挙では、引退した寺井氏を除き自民党現職は7人であったが、この度の選挙で9人に増えた。ベテランの石塚、太田、石川、高森候補等は安定した戦いぶり、上位には4位の望月、7位の鈴木が健闘した。都議選で惜敗した和泉が無事当選し正直ほっとした。新人の拝野、岡田はこれからが楽しみである。

 自民党の議席が増えたのはいいが、一方で敗れた候補がいるのは辛い。どんな心境でいるのか、私自身のにがい経験を振り返り同情に耐えない。

 選挙は難しいものだ。当選のためにはその前の長い準備と努力が必須なのだ。

 私が27歳で初当選した時を振り返る。志を立てて18歳の時に近隣の故大久保都議の元に行き私設秘書のまねごとをはじめた。勿論無給であった。早稲田の雄弁会にいたから重宝がられ、大久保門下の10数人の区議の原稿を代筆したり、演説の指導をしたものだが、この人達はいざ選挙になった時は皆敵となった。

 台東区自民党支部の青年部長を務め、党本部に学生部を結成、副幹事長になるなど党活動にも全力を尽くした。一番力を入れたのが地方から集団就職した青年達を集め「あしたの会」を作ったことである。300人を超える若者達と活発な青年会活動を行ったが、この若者達が選挙の主力部隊となったのである。

 敗れた人達にはこうした事前の準備がほとんどなかった。これから再起のためには苦労も多いと思うが、志を変えない覚悟があるなら、私も出来ることをしてあげたいと思っている。

 4月から文京、中央区の選挙が始まる。すでに連日呼ばれて獅子吼しているが数が多いので全部の応援はとても無理だ。「是非に」と強く言われたところにだけに行くしかないと思っている。


 このブログ、今回でついに800回、仙台の竹内さんから早くもお祝いの手紙が届いた。結構大変だが、お得意さん?が多いからしっかり続けるつもりである。