第796回「物憂い日々」

 深谷隆司の言いたい放題第796回

 「物憂い日々」

 いい家族、良い友人に囲まれ、自民党政経塾、温故知新塾など仕事も順調で幸せな日々なのだが、連日の報道を見ると、なんとも物憂い日々と思う。

 もう韓国の事など触れたくないと思いながら、それでも不快な事を次々と繰り出す様子に怒り心頭だ。韓国国会議長の文何某、米通信のインタビューに「天皇が慰安婦に謝罪すれば問題は解決する、天皇は戦争犯罪の主犯の子ではないか」と発言、それをかの国のマスコミが唯々諾々と報道している。

 2015年12月の日韓合意で、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」をした両国間の約束の重みを一顧だにせず、許しがたきは昭和天皇と今上天皇への重大な非礼である。昭和天皇が何時戦争犯罪者となったのか、先の大戦で日本と闘った連合国すら、そんなことは認めていない。

 日本国及び日本国民統合の象徴であられる陛下への誹謗は、日本の国と国民を誹謗中傷する事で断じて許せない。しかも、こんな奴が過去「韓日議員連盟」の会長を務めていたのだから何をか言わんやである。


 安倍首相が10日の自民党大会で「悪夢のような民主党政権」と言った事で、国会で岡田克也がいきり立ち、野党も一斉に攻撃した。

 私は平成22年、「こんな政治じゃ日本が駄目になる!」(角川学芸出版)、24年「道のりはるか」(産経新聞社出版)を出し、民主党政権が如何にお粗末かを詳細書いた。

 鳩山由紀夫首相は選挙中、「国外移転、最低でも県外移転」と嘯いて、長い年月をかけて日米間及び地元も含めてようやくまとまりつつあった沖縄基地移転問題を頓挫させた。国の安全保障についてこれほど無知無責任な総理は見たことがない。彼は母から貰った莫大な金について貸付金と称したが、脱税を免れるために結局6億円近い税金をはらった。彼を支えた小沢一郎幹事長も金まみれでマスコミをにぎわせたものである。

 平成23年、日本列島を襲った大地震、大津波、テレビは一切のコマーシャルを止め、24時間被災地の状況を報道するほどの大災害となった。福島第一原子力発電所は次々と水素爆発を起こし、ついには本体破壊という最悪の事態になった。なんとその翌日、菅直人首相はヘリコプターに乗って現場を訪れた。ただ怒鳴るだけの視察と叩かれたが、その無計画性が混乱に拍車をかけてしまった。

 野田首相については自らを「ドジョウ」と称した事ぐらいしか印象は無い。

 まあ、こう見てくるとやっぱり「悪夢のような民主党政権」だったな・・・。


 堺屋太一さんの8日の逝去は私にとってショックだった。彼は私と同い年(83歳)、小渕、森両内閣で彼は経済企画庁長官、私は通産大臣を務めた、いわば同僚であった。委員会で私の隣に座っていたが、質問の途切れた時はもっぱら書きものをしていた。「団塊の世代」でベストセラーを出したが、きっと又小説を書いているなと思ったものだ。大阪万博など彼が果たした仕事は多い。

 同年代の人たちが次々とこの世を去る。物憂い日々なのである。