第793回「天覧相撲」

 深谷隆司の言いたい放題第793回

 「天覧相撲」

 1月20日、初場所8日目、天皇皇后両陛下が大相撲の取り組みを観戦された。元日馬富士の傷害事件などの問題から昨年の初場所に相撲協会がご辞退申し上げ、以来2年ぶりの観戦となった。しかも、4月には譲位されるから両陛下にとって最後の観戦となる。

 貴賓席にお出ましになると、場内の観客は総立ちになり、手を振られるお姿に感動のどよめきが起こった。私はすぐ下の桟敷にいて、思わず万歳を叫び涙を流した。

 私は昭和天皇のご逝去による「大喪の令」、そして今上天皇の「即位の礼」に大臣として陪席している。

 特に陛下がまだ皇太子の時代、私は労働政務次官で、責任者として開いた「アビリンピック(身体障害者技能選手権大会)」にお出ましいただき、お二人を直接ご案内申し上げたこともあった。

 大臣時代には何度か直接ご進講申し上げる機会を得た。内容は明かせられないことになっているが、その度に鋭いご質問をされた。あらゆることにご精通されておられる事に驚かされたものである。

 歴代陛下はご立派な方々であったが、特に今上両陛下は国民への思いが深く、ご高齢で病弱にもかかわらず、時に災害地に何度も足を運ばれ、膝を折って被災者と同じ目線で慰め、時に第二次大戦の激戦地に赴きお国の為に散った人々を哀悼された。天皇のお仕事は「国民のためにひたすら祈ること」と言われるが、まさにそれを実践された御方であった。

 弓とり式まで幕内9番をご観覧になり、いよいよお帰りになる時、場内全ての人が再び総立ちになり、万歳の声とともに「ありがとうございます」の声が響き渡った。本当に国民に愛されておられるとしみじみ思い、又胸が熱くなった。


 私は二所ノ関部屋の後援会長を長年務めているが、たった1人の関取松鳳山は今場所出来が悪かった。しかし、なんと天覧相撲で大関高安を見事に破って3勝5敗となり溜飲を下げた。

 場所後、浅草ビューホテルで力士を招いての恒例の宴会となった。この日は来なかったが横綱白鵬贔屓の徳真会松村氏の主催である。

 友綱親方以下十両の旭大星関、旭秀鵬関等が出席したが、この日は2人とも勝ち名乗りを上げた。友綱親方とはかねてからの昵懇で、依頼されて部屋の看板の字は私が書いている。

 15日には、横綱稀勢の里の最後の取り組みを目前で観戦、この日は奇しくも天皇皇后両陛下最後のご観戦に立ち会った。感慨無量であった。

 酒では力士に負けない私、痛飲三斗の夜となったことは言うまでもない。