第786回「台湾講演などで、少しグロッキー」

 深谷隆司の言いたい放題第786回

 「台湾講演などで、少しグロッキー」

 徳真会松村先生の依頼で、台湾での講演のため12月6日から4日間の旅をした。

 昔、蒋介石総統の招きで日本学生代表団の一員として、この地を訪れている。後の総理海部俊樹氏も同行した。日本が敗戦を迎えてまだ10年足らずの頃だけに、日の丸を胸に、大いに高揚した気分で過ごした事を鮮明に覚えている。

 あれから60年余になるが、その間、正則学園高等学校の修学旅行に付き合ったり、当選の時などは秘書達を連れて慰労の旅をしたこともある。

 今回の主催団体は福智文教基金会という財団で、孟子の道徳思想を背景にした国民運動を展開し、教育から、自然栽培まで多岐にわたって目覚ましい活動を行っている。  

 会員は10万人を超え、運営費は具体的には教えなかったが数百億円規模であるらしい。

 講演は台北福華国際文教会館講堂で行われたが、到着すると1000人の老若男女が集まって満員盛況であった。

 主催者の黄教授(200冊に及ぶ著書のある学者)の紹介で、まず松村先生の講演が始まる。あらかじめ用意した中国語で書かれた綿密なパワーポイントを駆使し、歯科医療グループとして如何にして東洋一の規模になったかを語った。

 初日から出会って、いつも同行してくれた唐先生というエレベーター会社会長が私を紹介する。彼は88歳、お互い高齢者同士ですっかり意気投合した人物である。

 不覚にも私はパワーポイントも作っていなかった。ならば、ひたすら50年培った雄弁に徹し、日本の道徳観である「武士道精神」を語ろうと思わず力が入った。幸い名通訳がいたお陰で会場は盛り上がる。最後は大歓声に包まれ、廊下に出ると握手攻めとなった。「これなら当選だ」と言って大いに笑わせたものだ。

 講演も終わり、夕食は最高の店に案内される。さあ酒だと張り切ったら此処は精進料理店、一切の酒は出ずお茶だけの会食で、おまけに教育者や政府関係の参加者から質問攻め、なんとも残念な最終の夜だった。

 帰国して家族と寿司で痛飲、やっぱり日本が最高だ。子供や孫に囲まれてまさに至福の夜だった。

 次の日は台東区町会連合会60周年大会でビューホテル、その翌日はTBSの年末特集の取材、自宅にカメラがセットされ、1999年、シアトルでのWTO会議で大臣として米側と激論した事を、赤裸々に語った。今は時効だから秘話も語れる。いずれ放映日が決まったらお知らせするつもりだ。

 夜は台東区議団と何十年来の馴染みのふぐ屋「浅草魚清」で会食、「疲れを忘れて」と言いたいところだが、本当は家内ともグロッキーなのである。