第782回「塾合宿で元気一杯」」

 深谷隆司の言いたい放題第782回

 「塾合宿で元気一杯」

 11月10日、11日の2日間、恒例の自民党政経塾合宿を熱海後楽園ホテルで行った。

 13回目になるが塾生180人、学生部と事務局を入れると総勢200人、今までで最も多い参加者で大盛況であった。

 最初の私の訓話は、論語の第一章、「学びて時に之れを習う、亦た説ばしからずや・・・」だった。

 学んだ事を折にふれ学習練習すれば真の意味が分かってくる、体得できるということだが、こうして自分の身が修まれば、自然と同志や共鳴者が出来る。「そういう友が遠方から訪れてくれたらなんと楽しいか」に繋がっていくのだが、そこまでの理解は案外少ない。

 論語は百済から伝わったが、日本最古の古事記より427年も前のこと、爾来、1700年間も読み続けられた大ベストセラーだ。近年の中国を見ると、論語はほとんど生かされていない。日本的解釈を含めてこれからも大いに語る必要があると私は常々思っているのだ。


 講師には中川雅治前環境相、萩生田光一幹事長代行等が参加したが、中でも水を得た魚のように元気だったのが片山さつき地方創生相であった。早く国会で本格的な政策論議をさせてあげたいものだと思った。

 夜の宴会は壮観、全てのテーブルを歩き、彼等と乾杯し大いに語ったが、まさに至福の時であった。2次会は席を移して事務局員や学生らと行ったが、聞きつけた塾生も加わり賑やかだった。提供された赤ワイン、いつものように痛飲したことは言うまでもない。


 2日目の朝は6時半に熱海の海岸に全員集合させ、ラジオ体操、発声練習、挨拶の訓練などを行った。

 例年のように5時には起きて、しっかり準備し指導出来るかと、年齢を考えて少し心配であったが、全く元気一杯、折から昇る朝日を一身に受けて、むしろ去年より若返ったような心地であった。

 最終の講話で「出会い」の大切さを語ったが、もう一つの塾「温故知新塾」が4年目を迎えたことにもふれ、めぐり合いが如何に人生を豊かにしてくれるかを話した。

 こうして若い人達を育てていく事は本当に素晴らしい。それが近頃の私の全てだが、一体いつまで続けられるのか、ともかく元気一杯で頑張るしかない。


「温故知新塾4期生募集」 

場所 渋谷区渋谷2-10-10 クオーツタワー10階 

開塾 平成31年1月28日(月)

毎月第3月曜日 午後6時半〜7時45分

テーマ 時局問題、歴史から学ぶ、世界の国のかたち、人生のあり方等

会費  3万円(1年分)

申し込み FAX:03-6431-9879(担当野崎) 締め切り1月10日

友人知人をお誘い下さい。