第774回「悲喜こもごも」

 深谷隆司の言いたい放題第774回

 「悲喜こもごも」

 自民党総裁選が終わって予想通り安倍首相3選が決まった。読売新聞は「圧勝」と書き、朝日新聞は「圧勝できず政権運営に影」と書いていた。「こうあって欲しい」というそれぞれの思惑が出ていて面白いが、逆にいえば、マスコミはあまり当てに出来るものではないということか。

 国会議員票の8割強、党員票も前回の29%から55%になり、全体で7割弱の支持だから、「ほぼ圧勝」というのが正しいと私は思っている。

 石破支持なら辞表を書けと言われ、「ふざけるな」と啖呵を切った斉藤健農水大臣にはすぐ電話を入れた。私の通産大臣時代に2期も秘書官を勤めてくれた人だけのことはあると、「啖呵の切り方が上手くなったな」と褒めた。

 首相側のパワハラだと話題になったが、昔の総裁選挙はもっと熾烈なものであった。票が逃げないように議員をホテルに缶詰にしたり、お金が舞い飛んで、2人から受けた人をニッカ、3人から受け取った人をサントリーなどと揶揄した。勿論、負けた側は当分の間「冷や飯を食う」のが当たり前だった。

 大事なことはこれから3年間、安倍首相がどのような政治を行っていくかだ。内外共に困難な時代、国家のために全てをかけて頑張って欲しいと願ってやまない。


 21日、大相撲のたまり席で観戦、ここは土俵のすぐ下で常時テレビに映る場所、早速、大勢の人から「元気でなにより」「若いですね」「頑張って下さい」等、連絡が殺到する。嬉しいかぎりである。千秋楽の日は後援会長を務めている二所ノ関部屋祝賀会のため千葉まで行く。


 最近、私の周囲でご不幸が多い。最後の同級生の親友が逝去、親しい友人のご子息の早世と続いた。

 20日、三輪隆氏のお別れ会が浅草ビューホテルで行われた。この方は私が区会議員になった27歳の頃からの応援者だ。3人のお子様の結婚式に出席したが、その内2人は私達が仲人だった。300人を超える人が集まり、生前の活躍ぶりがうかがえる。享年91歳であった。

 21日、西岡静江さんの葬儀に列席した。区議選挙初出馬の時、事務所を無料で提供、以来50年余、変わらぬ応援を続けて下さった町内の元婦人部長だ。そんな縁で葬儀委員長は私の元秘書、石塚猛台東区議会議員が勤めてくれた。93歳であった。

 葬儀で大勢の古い応援者とお会いすると、必ず「長生きして下さい」と励まされる。さて後どのくらい生きられるのか。幸い元気で、家族友人に恵まれて今が最高の日々、とにかく精一杯働き、悔いなき一生にしたいと思うのみである。