深谷隆司の言いたい放題第771回

 「昨今雑感」

 24日に内閣府が公表した「国民生活に関する世論調査」で、現在の生活に満足と答えた人が74.7%に及んだ。景気回復に伴う雇用・所得環境が改善された事が背景にあるが、日本は本当にいい国だと改めて思う。

 しかし、一方で気になるのが、政府への要望で「防衛・安全保障」が32.8%と3.4%も減少していることだ。6月12日の米朝首脳会談以降、北朝鮮の脅威が薄くなったと考える人が多くなったのか。現実はそんな甘いものではない。

 今まで国際社会で何度も同じような約束をくりかえし、全て裏切って核保有国になっていったのが北朝鮮だ。 韓国の文大統領は「平和平和」で支持率80%となったが、北朝鮮の悲願である「終戦宣言」にさえ同意しかねない。そうなれば「親中・反日の連邦国家」が生まれ、日本の防衛ラインは対馬海峡まで後退、西日本も新たな脅威圏になる。専守防衛の縛りの中、制空権も維持できず、日本の安全保障が脅かされるのは必定だ。

 国に対して「防衛・安全保障戦略」を根本から再考するよう求める世論こそ今必要なのではないだろうか。


 24日、自民党台東総支部は来年の区議会議員選挙に向けて、公募に応じた人から候補を選ぶため、選考委員会を浅草ビューホテルで開いた。石塚支部長を中心に応募した7人と面接したが、なかなか人物ぞろいで、誰をはずすかで苦労した。結局、マンション住まいだが、町会費を払っていないという人を除いて、6人を公認候補者と内定した。頼もしい面々で大いに期待している。

 現職の区議に迷惑がかからぬよう、地域をきちんと分けて全員当選を果たすよう戦略を組むが、これからが大変だ。服部区長の再選も含めて全力を尽くさなければならない。「老骨に鞭打って」などと言ってはいられない。私の「青春の心意気」をたぎらせて・・・と、今から張り切っている。


 ジャカルタ・アジア大会で日本選手の活躍が目覚しい。競泳女子池江選手は金メダルを6個も獲得するなど大活躍、今日(25日)も男子マラソンで井上選手が競技場のトラックで接触しながらも振り切って金メダルを獲得した。最近のアジア大会はケニアやエジプトなどから帰化した強い選手が増え、4年前の仁川での大会で優勝したバーレーンのキルワ選手もケニア出身だった。そんな強い選手に競り勝った日本選手に胸が熱くなった。東京五輪が楽しみだ。


 娘恵理、息子隆介の1日違いの合同誕生会を今夜開く。一族勢揃いするが皆元気で嬉しい。それぞれ52歳、47歳、もうそんな歳になったのかと驚く。やっぱり老骨に鞭打って・・・か。