深谷隆司の言いたい放題第770回

 「思うこと」

 8月15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館で行われた。現職時代、私も必ず列席し、戦争で犠牲となった約310万人の御冥福を祈ったものだ。

 天皇皇后両陛下も御臨席されたが、来年4月の譲位を控え、これが平成最後の式典臨席になるのかと思うと感慨無量であった。

 「お言葉」では、戦後の平和な歳月に思いをはせる表現を盛り込み、平和を希求していく変わらぬ願いを示された。


 終戦の日、私は満州ハルピンの地で、ラジオから流れる聞き取りにくい昭和天皇の詔勅を聞いた。9歳で何も判らないのに大人と一緒に涙を流したものだ。

 異郷の地に置き去りにされた敗戦国民の苦難、まさに天国から地獄であった。1年後、引き揚げが決まったが、幾山河を越えるその道中は筆舌に尽くしがたい悲惨な体験であった。

 米軍の上陸用舟艇でようやく長崎佐世保にたどり着いたが、大人たちは日本の大地に頬をつけて泣いた。私も同じように泣き、そして強く思ったことは、日本という国が在って良かった、この国に生まれてよかった、日本人であってよかったとの感動であった。 

 この国の為に尽くそうと決意し、やがて区議会、都議会、国会へと政治の道を歩み続けた。落選、浪人時代もあって多くの挫折も味わったが、今振り返って、いささかの悔いもない。

 全人生をかけてお国の為に働いたと自負しているのだ。



 今、熱を入れているのは自民党政経塾、13年目だが、定員100人のところ、なんと250人で入りきれない。温故知新塾も3年目を迎え、講義をまとめた本「本当はすごい日本人」が幻冬舎から出版されている。

 8月3日、長野県議会議員補欠選挙で岡谷市に行き、竹村安弘候補を応援した。

 この地は40年前、市長選挙で自民党の反対を押し切って36歳の林泰章氏を応援し、逆転当選させた懐かしいところである。

 残念ながら今回は敗れたが、その竹村氏から感謝の手紙が届いた。

「(略)先日はご多用の中、私ごときのために応援演説を賜り、衷心より御礼申し上げます。総決起大会開催に向け、元通産大臣深谷隆司先生ご来訪を各所で伝え、宣伝カーでも広報いたしました。当地では話題になり、報道各社からの問い合わせもある中、440席用意した会場に座りきれぬほどの盛況となりました。ご出席の皆様からは「演説に聞きほれた」「地元の代議士に比べ、オーラが違う」「次回は?もっと長く聞きたい」等々、大変喜んでいただきました。結果は若い順に千票の差がつき落選となりましたが、4ヶ月で得たものは多く、必ずや今後に生かして参る所存です。先生は慌ただしいスケジュールに加え、満足な対応も出来ず、お礼もお受け取りいただけず、申し訳なくお詫び申し上げます。(中略)ご恩は生涯忘れません」。いい人を落として無念、私からは「しばらくはご家族と悠々とお過ごし下さい」と書いて送った。

 来年は統一地方選挙、参議院選挙がある。後輩のために全力投球しなければならない。9月で83歳になるが、元気一杯、まだまだ働くぞと秘かに力んでいる。