深谷隆司の言いたい放題第769回

 「憂鬱な季節」

 夏が嫌いなわけではないが、西日本豪雨による大被害、台風、何よりもの連日の酷暑と続くと、さすが元気一杯を誇る私も憂鬱になる。気の滅入ることも多いい日々だけに、書けと言われても簡単に書けない「鬱」という字までわずらわしい。


 8月3日、長野県岡谷市の県議補選の応援に出かけた。総決起大会は「深谷元大臣来る」の前宣伝の故か?450人を超える満員盛況、久しぶりに私も熱弁をふるった。

 竹村安弘候補は私の青年局長時代から親しい後輩で、誠実で律儀、市議を2期つとめ議長も経験した、まさに県議にふさわしい人物で、私は孫安希与と共に意気揚々と臨んだものだ。

 しかも岡谷市には深い想い出がある。43年もの前になるが、市長選挙で現職市長だけが手を挙げ、無競争になるところ、若い人たちから推されて35歳の林泰章氏が出馬することになった。私は彼らの熱い依頼を受けて、党の反対を押し切って応援し、逆転当選させたのだ。私は39歳の働き盛りであった。以来、彼は市長を5期も勤めた。

 5日が即日開票日、残念ながら落選であった。翌朝の彼の声を聞いても慰めの言葉が見つからなかった。この歳になって、しかも他人の当落に眠れぬ夜を迎えようとは・・・、ああ、選挙とは空しいものである。


 このところ世間の話題を集めているスキャンダルのなんと多いことか。

 馬鹿息子を税金を原資に裏口入学させた前代未聞の文部官僚、その大学は女性を入れたくなくて全員一律減点していたという時代錯誤のお粗末・・・。

 アメフトで不当なタックルを強制し怪我をさせた前監督、そこから日大理事長をめぐる使途不明金などの疑惑問題までが浮上した。第三者委員会が報告書を出したが、その前に「俺に歯向かった奴は居なくなる」と反省の色もない。一切の説明もなく雲隠れしているが、本当は小心者に違いない。

 日本ボクシング連盟の終身会長とかいう男のふざけた言動はなんだ。アスリート助成金の不正流用と隠蔽工作、奈良判定といわれる不正審判強要、ロンドン五輪金メダル村田選手のプロ入りに猛反対し、所属事務所から2000万円も払わせたワンマンぶり。 反社会的人物との交流も問題になっているが、あの不逞な態度、服装、サングラス、その心根まで、「やくざ」そのものではないか。

 こうした一連の問題処理に当たるのが文部科学大臣、せっかく作ったスポーツ大臣なのだが、なんとも歯切れが悪い。「教育上よろしくない」と断固たる態度をとるべきだ! ああ、なんと憂鬱な季節か・・・。