第768回「隅田川花火・・・など」

 深谷隆司の言いたい放題第768回

 「隅田川花火・・・など」

 西日本の豪雨で200人以上の方が亡くなり、被災者は今も苦しまれている。その上の台風12号でまさに災害列島、心からご冥福を祈り、1日も早い復興を祈るのみである。

 亡くなった方の半数は土砂被害であった。自衛隊の諸君が胸まで土砂に埋まりながらの救出作業、消防隊、警察官、役所の人々など、そのご苦労に頭が下がる思いである。知事からの要請で三入(みいり)小学校で入浴支援を行っている時、低学年の女の子が手紙を自衛官に渡した。そこには感謝の言葉に添えて、敬礼する女の子のイラストが書かれていた。自衛官はそれをコピーし、皆に配って「お守り」にしたという。そんなエピソードに触れて胸が熱くなった。


 台風のため隅田川花火大会が1日延期で29日になった。この日は稲城市のわかば台デンタルクリニック(徳真会松村理事長)で私が書いた150号の書「夢限りなく」の除幕式、花火見物は来年までお預けとなった。

 隅田川花火の歴史は古い。享保17年、全国的飢饉、江戸でのコレラで多くの人が亡くなった。八代将軍徳川吉宗は鎮魂のために翌年両国橋で水神祭を行い、その余興として始めたのが花火であった。

 明治維新や大東亜戦争などで中断があったが、特に戦後は水質汚濁、交通渋滞等で長らく行われなかった。都会議員になった私などが中心になって復活運動を展開、秦野章元警視総監を知事候補に担ぎ上げた時には、「花火復活」を公約にも盛り込んだものである。

 1978年、ついに復活し今年で41回目になる。郵政大臣の時には、みのもんた氏、浅香光代さんらとテレビ中継などにも出演した。

 約87万4千人もの見物客が2万発の花火を楽しんだが、隅田川花火大会は私にとっても忘れられない想い出につながっているのである。


 除幕式の後、日野市にあるステーキレストラン「大洋軒」で会食した。実は萩生田官房副長官から、「このご主人から、深谷先生を連れてきてくれと何度も言われた」と聞いて、喜んで出掛けることにしたのだ。

 「うかい亭」のトップシェフが独立して作った店だが、昔、家族と何回か来たことがある。なんと40年ぶりの訪問再会で、オーナー夫婦が小躍りして喜んでくれた。

 出会いめぐり合いの不思議、面白さを噛みしめながら、萩生田副長官差し入れのシャンパンで痛飲したものである。


 翌日は自宅で石塚台東自民党総支部長、和泉前都義、石川、太田両区議らと、来年の地方選挙の打ち合わせ、夜は「温故知新塾」で1時間半の講義、最近は講義が終わると「出待ち」の塾生が10人ほどビルの前に居る。

 今日(31日)は、これから松村先生ご夫妻と家内共々箱根の湖水祭に出掛ける。明日は箱根神社例大祭、夜は戻ってビューホテルでの「木曜会」と続く。3日からは竹村安弘県議候補の選挙応援で長野県へ、孫の安希与が老体を心配して同行してくれるので安心である。