第766回「心痛めて、祈る」

 深谷隆司の言いたい放題第766回

 「心痛めて、祈る」

 西日本の各地を観測史上1位といわれる大雨が襲った。数十年に1度の最大の被害の危険が迫った時に発表する「特別警報」が11府県に出された。

 連日悲惨な状況が報道されているが、今朝、89人と発表された死者が昼には97人となり、行方不明者53人と増え続けている。

 記録的な豪雨で崖が崩れ、道路がふさがり、氾濫した川が橋を流し、洪水が家々を崩壊させた。電気、水道が止まり、普通の生活が出来なくなり、途方にくれる人々の姿が映し出されるたびに、やり場のない思いで胸が痛んだ。


 災害といえば平成7年(1995年)1月の阪神淡路大震災のことを思い出す。あの時は未曾有の大地震で6300人の死者を出した。

 当時、私は予算委員会筆頭理事、又、創設されたばかりの与党院内総務会初代座長であった。お役目柄、直ちに現地に赴き、ヘリコプターで鳴門海峡を越えて神戸に入りした。この世とも思えぬ地獄絵を見るような瓦礫の中を6時間歩き続けた。

 しかもその年、私は自治大臣兼国家公安委員長に就任、なんと災害復興担当大臣として現地の再生のために心血注ぐ立場となった。再び現地を訪ねて「消防・防災1兆円構想」を発表し、あわせて全国の消防機関がいざという時相互に援助しあい、消防活動や人命救助活動が出来るようなシステム「緊急消防援助隊」を作りあげた。

 一方、「長崎雲仙普賢岳の大災害の復旧が遅れている、何とかして欲しい」との度重なる陳情も続いていた。

 災害基金として530億円が用意され、その金利を活用して復興に当たって来たが平成8年に期限が切れる。対策基金を1千億円にし、更に延長して欲しいというのが高田知事らの要望であった。

 私は要望通りに応えようと主張したが、当初、役所の幹部は違った思いであった。しかし、大臣の覚悟が真剣であると判断すると、そこはエリート達、その方向に向けて必死に努力してくれる。ついに要望通りの答えを出し、暮れの押し詰まった12月27日、現地に赴き直接発表したものだ。


 自身の命の危険にさらされながら、災害の現場で必死に頑張る自衛隊、警察、消防、地元関係者の努力には頭が下がる思いである。

 安倍総理を中心に、政府は各地の状況を集め緊急対策に全力で取り組んでいる。今こそ政治の力を存分に発揮させる時なのだ。

 一刻も早く、苦しんでおられる方たちを救って欲しい。不幸な状況に心を痛めつつ、ひたすら祈りをこめて願っている。