第764回「超満員の政経塾」

 深谷隆司の言いたい放題第764回

 「超満員の政経塾」

 Tokyo自民党政経塾は13年目を迎え、5月5日に開講した。

 毎年100人の定員のところ常に180人以上の塾生が通って盛況だったが、なんと今年は230人を越える超満員となった。来年の地方選挙に向けて、自民党公認になる新人候補者は塾に通うことが必須とされているから、これから更に増えることになる。

 党本部の一番大きな部屋を使っているが、入りきれないので縦に使うことになったが、それでもぎっしりだ。

 嬉しくて私も、塾長代行の小田全宏君も講義に思わず熱が入る。

 第一回は愛国心を説き、6月19日の専門コースでは、私自身、どんな歩みで政治家になったか、折々の背景になる政治情勢も含めて語った。

 戦争体験や、終戦後の生々しい日本の状況など、じかに語れる人は、もうだんだん居なくなった。

 私は稀少な「語り部」、これからも過ぎ去った時代のあれこれを若い人達に語り伝えていかなければならない。


 3年目になる「温故知新塾」は18日定例の講義を行なったが、日本の存亡につながりかねない「米朝会談の実体」を詳細語った。

 こんな危機的状況の中、国会は相変わらず「モリカケ問題」で不毛の議論を続けている。国民は明らかに食傷気味なのに、一部マスコミも便乗して「安倍叩き」で終始しているように見える。1年以上かけて何か不正が見つかったわけでもない。「言った言わない」という小学生並みの議論だ。

 5月31日には野党4党首による「党首討論」が1年半ぶりに行われたが、立憲民主党枝野代表も共産党の志位委員長もモリカケ問題だった。


 党首討論の正式名は「国家基本政策委員会合同審査会」といい、平成17年(2005年)11月からは私も委員長をつとめた。

 基本ルールは文字通り「国家の基本政策に関わる事項」を扱うと定めていて、本来の目的は党首らが政策や見解を掲げ、国民の前で「政権担当能力を競い合う」議論をしなければならないのだ。だから普通の委員会と違い、首相も逆質問が出来るようになっている。

 まさに安全保障問題など今日の喫緊のテーマが中心でなければならないのに、そんなことは意に介さぬ姿勢に、私は怒りさえ覚えた。


 余談だが、1999年11月の第146国会で党首討論が始めて行われた時、登壇したのは小渕恵三総理、民主党鳩山由紀夫氏、共産党の不破哲三氏、社会党の土井たか子氏であった。

 その時の鳩山氏の質問冒頭は「今朝自分は温かいピザを食べたが、総理はなにを食べましたか」という馬鹿馬鹿しいものであった。

 総理は「いつものように日本食です。オルブライト国務長官は冷めたピザも美味しいと言ってました」と答えた。

 早速、ニューヨークタイムスは小渕総理を「冷めたピザ」と揶揄した。

 日本ではなぜか「ピザおじさん」とうけて、小渕総理も記者団に温かいピザをユーモアで出しり、米誌の表紙にもピザを持って登場してりしたものだ。

 竹下総理の官房長官として「平成」を発表、「平成おじさん」と親しまれたこともあったが、突然脳梗塞で亡くなった。私の通産大臣時代のことで、悲しい想い出の一つとして鮮明に覚えている。


 やっぱり私は生き証人か。これからも元気なかぎり「語り部」として若い人達に、ありのままを伝え、現状を憂いながら獅子吼していかねばなるまいと改めて思うのであった。