第756回「茶番はやめ国難に備えよ」

 深谷隆司の言いたい放題第756回

 「茶番はやめ国難に備えよ」


衆参両院の予算委員会証人喚問を4時間、あくびを我慢して見ていた。佐川氏の答弁に「茶番じゃないか」と野党から野次が飛んでいたが、あの委員会そのものが全くの茶番であった。

6野党の議員が23日と26日、大阪拘置所の籠池被告と接見し、さも新しい事実を得たかのような発言をしていたが、「隠し玉」なども皆無であった。大体、詐欺罪で起訴されている人物と接見して真実が明らかになる筈もない。ただの思わせぶり、陳腐なパフォーマンスに過ぎなかった。

19日に新たに提示した削除文書によると、土地を所有していた国土交通省航空局がごみの撤去に費用がかかるとして、自ら8億円余の値引きを見積もり、財務省近畿財務局に提案していた。こんな一地方の些末なやり取りに安倍首相や、まして安倍夫人が関わることなど、元々考えられないことではないか。

虚言癖の籠池氏の言葉が確認も無く一方的に流され、まるで魔女狩りのようにメディアも加わって総理夫人の介入が喧伝されて来た。1年余も続く追求だが何一つ具体的な証拠も出されていない。明らかな人権侵害ではないか。

真実がどうかではなく、安倍政権のイメージを悪くさせるだけが野党の狙いなのである。


証人喚問が行われているまさにその時、金正恩朝鮮労働党委員長が電撃的に訪中し、習近平国家主席と会談したと報道された。2013年、中国とのパイプ役であった叔父の張成沢を処刑して以降、最悪の中朝関係であったが、金正恩が最高指導者に就任以来、初の外国訪問が中国とあって本当に驚かされた。

南北首脳会談、米朝首脳会談の前に、中国に頭を下げることよって、安全保障問題、経済問題を打開しようとの「したたかな魂胆」だ。

このことによって中国が再び北朝鮮に影響力を持つようになれば、朝鮮半島情勢は新たな局面を迎える。日本への影響は大きく、心配の種はひろがる。

折からトランプ大統領は、鉄鋼、アルミニウムの輸入制限措置に署名した。日本について除外を求めたがトランプ大統領は極めて冷ややかであった。彼が仕掛ける貿易戦争では、日本も標的の一つであって、本当に信頼関係があるのかわからない。いざとなったら「同盟」も怪しいものだ。

安倍首相は就任以来、世界を飛び回り、国際的成果を挙げてきた。おそらくこれだけの外交手腕を持つ総理は少ないのではないか。

世界の中でしか生きられない日本にとって、厳しい環境が深まる中、いつまでも不毛の議論を繰り返す国会であってよいはずがない。

もう茶番はやめて、与野党一致結束して国難に備える議論をして欲しい。そう願うのは、決して私一人ではないと思うが・・・。