第755回「人間の器」

 深谷隆司の言いたい放題第755回

 「人間の器」


麻生太郎財務相が、19日から20日にかけてアルゼンチンで開かれるG2020ヵ国・地域、財務相・中央銀行総裁会議)を欠席することになった。

私の大臣時代も、社会党を中心に野党はなにかにつけて国際会議出席を拒み、いつもぎりぎりのところで出発したものだった。

今回の会議ではマネーロンダリングが懸念される仮想通貨の規制が大きなテーマだが、世界に先駆けて業者の登録制を導入した日本は、議論を主導する立場であった。世界の中でしか生きられない日本にとって、国際会議はまさに重要な場で、これに出られないのは国家にとって大きな痛手になる。


国会空転のあおりで予算関連法案の審議が遅れ、3月中に成立しなければ期限切れになるものもある。待機児童解消策を盛り込む子供・子育て支援法改正案などはまだ衆議院も通過していない。それにしても良識の府と言われる参議院は一体どうなっているのか。これでは又参議院不要論も出てくるのではないか。

財務省の決済文書改竄などはもってのほかで、官僚の姿勢を問い、責任を追及することは必要だ。しかし、国家国民にとって大事な問題がそのために滞るようでは本末転倒なのである。


安倍総理は昨年217日の衆院予算委員会で「私や妻が、認可あるいは国有地払い下げに一切関わっていないことは明確にしたい。もし関わっていたのであれば総理大臣を辞める」と答弁している。この内容はよほどの確信と覚悟がなければ言えないことだ。政治家として人生をかけたこの言葉を私は信じたい。


今流行の「忖度」が役人の一部にあったであろうことは想像に難くない。しかし、法を犯してまで総理を庇おうとするのだろうか。あり得ない事だ。

もっとも卑劣な人物は籠池氏で、彼が人の善意を利用して、あらゆる手練手管で有利に国有地払い下げ交渉を行ったことは明らかだ。いずれ司法の手で事実が解明されていく筈、期待して推移を見守りたいと思う。


それにしても外野もかまびすしい。特にメディアは無理やり安倍首相夫妻に結びつけようと躍起だ。産経新聞の「極言御免」で「魔女狩りか集団リンチのようにすら映る」と書いていたが私も同感である。

小泉元首相も含めて色々の人が発言している。盟友であった山崎拓氏までが、石破派集会で政権批判をしていた。引退をして何年も経つのに、何事につけてもしゃしゃり出る姿は未練がましいし、人間の器が問われる。長老格として国家のために、陰で指導、支えることが出来ないのだろうか・・・。