深谷隆司の言いたい放題第753回

 「左見右見(とみこうみ)」


このブログで753回となった。こうも長くなるとタイトルをつけるにも苦労する。私の身辺だけでも色々のことが多いし、国の内外のこととなると話題にしたいことばかり、そこで今回は「あちらを見たり、こちらを見たりする」の意で「左見右見」とした。あちこちに気を配る、一つのものを色々の角度からよく見るという意味もあるから、我ながら良いタイトルで、毎回使ってもいいかと悦に入っている。


12日、山田純大君が親子3人で来てくれたので浅草「やっこ」で隆介一家と共に楽しい宴となった。彼は杉良太郎氏の息子で良い役者だが、「命のビザを繋いだ男」という本も出している。ユダヤ人6000人を救った杉原千畝は有名だが、日本にやってきたユダヤ人を救ったもう一人の日本人小辻節三のことを書いている。名著である。

23日には新派の女優波乃久里子さんと、桑山夫妻、恵理も呼んで家内と共に、ドームホテルの「熊魚菴」で会食した。二人とも折々のテレビで見るが、近頃はドラマが少なくなって出番が減り苦労しているようであった。安上がりのワイドショーやグルメ番組がやたら多くなっているが、これでは芸能文化が後退する。二人の活躍を期待したい。

22日、義理の息子小田全宏君が東京オペラシティでコンサート、なんと彼はオーケストラの指揮を羽織袴でやってのけた。作曲も自分、大した才能である。孫の安希与もその才能を受け継いでお琴は勿論様々な楽器をこなす。もっともそのおじいちゃんは私・・・、だからなんなの?

24日午前中は石川台東区議のご父君の葬儀に列席した。この日が奇しくも99歳の誕生日とのこと、お元気だったら白寿の祝いであった。大往生である。

前日は石塚台東区議、和泉前都議、家内と共に張替静さんのお見舞いに伺った。97歳、世話を焼く娘に何度も感謝していたのが印象的であった。亡くなったご主人が私の後援会長で本当に世話になった。懐かしがって「又来て欲しい」と何度も言われて胸が熱くなった。

24日午後は石川俊氏の瑞宝雙光章受賞祝賀会に出席した。ビューホテルには130人の人が集った。彼は消防団員として実に52年働き、最後は浅草消防団長であった。彼等一家も挙げて私を支えてくれたものだ。私の妹和美も団員である。

司会者が「元郵政大臣、元通産大臣」と紹介してくれたが、私は挨拶で「今日は自治大臣と言って欲しかった。自治大臣は消防担当大臣ですから・・・」。

最後の鏡開きで、司会者が今度は「自治大臣をつとめた」と紹介したので、その機転の良さに会場は大受けで、愉快な笑いに包まれた。当意即妙、さすが消防団員であった。