深谷隆司の言いたい放題第752回

 「孫達と一泊の旅」


私には3人の子がいて、それぞれ世帯を持っているが、この子等とのふれあいが私たち老夫婦の何よりもの喜びである。全員で旅に行くこともあるが、折々に各家庭ごとに旅を楽しむ。

11日、12日の連休は倅隆介一家と日光東照宮への旅を楽しんだ。ここはいわずと知れた1616年駿府で死去した徳川家康が神格化され、東照権現として祀られた場所だ。世界遺産に登録されているが、それにしても有名な観光スポット、連休とあって大変な観光客でにぎわっていた。

それにしても階段や坂が多い。孫隆仁、隆元が老夫婦を後から押し上げてくれる。それがなんとも「嬉しい心」だ。

陽明門とその前の鳥居を結んだ上空に北極星があり、その先は江戸の町が続くように設計されているという。国宝8棟があり、社殿をはじめどの建物にもおびただしい極彩色の彫刻で覆われている。思ったより小さめだが左甚五郎作の有名な眠り猫、神厩舎には「見ざる、言わざる、聞かざる」の猿の彫刻も面白い。


その近くに昔何度か通った「日光グルマンズ和牛」の店がある。およそ10年ぶりなのに、店を訪れるとご主人と息子が大歓迎してくれた。最高の肉を味わい、昼間から痛飲、色紙を書いて欲しいと言われた。車が出るまで総出で見送ってくれる気持ちも嬉しかった。


宿泊は鬼怒川プラザホテル、はっきり言ってよい所は温泉ぐらいか、従業員も少なく格別な歓迎もない。最もその分、一家で自由に過ごせて面倒はなかった。

私は現役時代、後援会活動の中心が旅行会で、実に46年間続いた。最高55百人参加し、この鬼怒川にも数回訪れたが、今、町全体に活気がない。昨今は団体旅行がほとんどなくなり、旅館の半分以上が廃業したと運転手さんが言っていた。旅館が少なくなったので逆にホテルが取りにくい。

今回は、その頃担当した帝産観光バス会社の大場さんに無理を言って頼んだ。だから多少待遇が悪くても文句は言えない。

料理も一応形は揃っているが平凡、可も無く不可も無い。みんなで相談一決、最後の食事はとらず、旅館のまん前にあるラーメン屋で2次会となった。ところがここの餃子やそばが抜群に美味い。外国人一行も加わってにぎやかだった。

翌朝、見送りも無いホテルを出ると、なんと昨夜のラーメン屋のご主人と会う。われわれの車が出るまで寒空の中、丁寧に見送ってくれた。「又、この店に来よう」で意見が一致、わが一族は単純なものである。

かくして一泊旅行は終わったが、大満足。今度はどの家族と旅に行こうか・・・。

楽しい思案をしている。