第749回「新春スタート」

 深谷隆司の言いたい放題第749回

 「新春スタート」


大晦日から、わが一族が集って三が日を楽しく過ごした。昨年末は家内の骨折など心配ごとがあったが、皆元気に新年を迎えることが出来た。神仏のお陰、特に亡き両親のご加護の故と、改めて親の恩を噛みしめていた。

名物駅伝は息子が通った青山学院、私が教鞭をとった東洋大学、母校早稲田大学が3位までを独占、これも大満足であった。

4日からの中央区、台東区、文京区主催の初顔合わせから新年会が始まった。現職の時代は新年会が600箇所を数え、私、家内、秘書と手分けして必死で回ったものだ。「大変でしょう」と言われると、「身体は壊れませんが、がまぐちが壊れました」などと冗談を言ったものだ。今頃、辻君をはじめ後輩の諸君は大変だろうが、引退した私は悠々、出席を最小限にとどめているから、思えば夢のような話である。


14日、一般社団法人ION(アイオン)の竣工式に出席した。障害のある人たちのために就労支援を行なう福祉施設のオープンだ。ベテランの天宮一大夫妻が中心だが娘知美も理事として参加し、孫麻紀もここに通う。知美は私の友人佐藤豊氏主催の福祉事業チャレンジドジャパンに勤務していたが、歯科医療団体徳真会松村博史先生の下で働いていた麻紀と共にここに通うことになる。これから親子が終日一緒だから安心だ。

それにしても、私はなんと優しい人達に恵まれていることか・・・。それぞれの人たちの言動に家内と共に何度も胸を熱くしたものである。はるか年下の人達なのに、私も他人(ひと)のためにもっと働かなければと教えられたような心地であった。


15日、温故知新塾第3期が始まった。随分塾生が増えて、その上、いかにも真面目で立派な風情の人達ばかりで嬉しくなる。

渋谷のクオーツタワー10階が会場だが、ここは塾創設者松村先生の本拠地でもある。初年度は「日本のかたち」をテーマに、神代の時代から今日までの日本及ぶ日本人の足跡を辿った。ともすると自虐的になりがちな日本人が多いが(そんな教育をしたから)、実は世界に誇れる民族であることを具体的に話してきたのだ。これをまとめて昨年幻冬舎から「本当はすごい日本人」との拙著を世に送り出したばかりだ。2年目は人物像を中心のテーマで「生き方」を語ったが、今年も続け、これに刻々変わる時事問題の解説を加えようと思っている。

23日から自民党政経塾も始まる。講演依頼も多い。語ること教えることは学ぶことでもある。沢山の資料を集め、多くの本を読み、準備も大変だが、その苦労のお陰でアルツハイマーにはならない・・・?今年も大いに張り切っている。