深谷隆司の言いたい放題第745回

 「世の中変な奴ばかり?」


毎日、様々なニュースが溢れるように流れているが、その中でなんとも変な奴が多くてうんざりする。

朝鮮学校の訴訟で、あの前川喜平氏が原告側の立場で「陳述書」を出していることが明らかになった。前川というのは文部科学省前事務次官のことだが、加計学園の獣医学部新設計画をめぐり「行政がゆがめられた」と繰り返し主張し話題を集めた人物である。

この件に関しては先輩に当たる前愛媛県知事が「これは県挙げて必死に求めていたことで、逆にゆがめられた行政が正された」と7月の国会閉会中審査で語っている。

前川氏は官僚の天下り禁止に反してそれを促進させ首になった。反安倍は勝手だが、それを根に持って、自分の官僚時代に決めたことを覆す発言を続け、まるで正義の味方面(づら)だが、なんとも不愉快である。

朝鮮学校への高校授業料無償化は当時の民主党政権下で導入されたものだが、自公政権交代後の24年、適用除外となっている。

「北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会の影響下にあり、就学支援金が授業料に当てられない危険性がある」が国側の主張だ。ミサイル危機が高まる中、国の税金が無償化の名の元に北朝鮮に流れる可能性があるのだから、これを排除しようとするのは当然の国の対応である。

国家公務員を辞めた後に、その組織や政治の決定に反旗を翻す厚顔無恥、いやなら首を覚悟で何故その時闘わなかったのか、前川氏には役人の矜持など全く無関係なのである。

第一番の変な奴は前川氏である。


相撲協会は横綱日馬富士の傷害事件、続いての引退声明等で揺れている。何がどうなっているのか、芥川龍之介の「藪の中」ではないが、皆の言い分がばらばらでさっぱり分からない。

毎日これがメインかのようなテレビ放送、こんなに関係者が多かったかと驚くほどの日替わり解説者で大盛況、週刊誌などでは「モンゴル協会」なるものの存在や八百長問題まで書き、いまや商売繁盛なのだ。

それにしても一番不可解なのが貴乃花親方の行動だ。協会の要請に一切耳を貸さず、頑なに沈黙を守っている。被害者である筈の貴ノ岩関が一体今どこに居るのか、傷はどうなっているのか、なにしろあの巨体をどこに匿っているのかさえ明かさない。

貴乃花一家の騒ぎは今でも多くの人が記憶に新しいが、兄の若乃花とも母親の藤田紀子氏とも絶縁で一切の交流が無いという。それなのに母親がテレビ等にしゃしゃり出て、息子のことを滔々と語るのだから滑稽ではないか

今回の大相撲騒動、やっぱり変な奴は貴乃花、母親・・・うーん、大勢いるわな。


深川富岡八幡宮の女性宮司が切られて死亡のニュース、日本刀とサバイバルナイフでの死傷事件もショッキングであった。女性宮司の就任をめぐって神社本庁離脱、宮司からはずされた弟は脅迫容疑で逮捕されたりしている。相続をめぐる親族のトラブルが殺人事件となった。江戸三大祭りで有名だが、神に仕える者にあらざる実態に唖然・・・。

埼玉の私立中学の教員、特定の女子生徒について「顔で損してる」等、他の生徒になり済まして誹謗ツイッター、こんな教員にあるまじき変な奴もいた。

大阪府警巡査部長飲酒運転隠しで逮捕、日経新聞次長暴行疑惑で逮捕・・・

近年、どうしてこんな変な奴ばかりなのか。

今度は「いい奴を探して書きたい」と思っている。