第739回「刻苦光明」

 深谷隆司の言いたい放題第739回

 「刻苦光明」


衆議院議員選挙が今日で終わる。政治家を引退して何年も経つのに、政治の世界、とりわけ選挙から開放されることがない。この数年の間に知事選挙2回、国会議員選挙3回、都議会議員選挙2回も指揮を執り、苦労の連続であった。

特に今回は選挙区域が変わって台東区の3分の1が荒川・墨田の14区になり、一方で港区の一部が2区に組み入れられるなど、一層ややこしい選挙事情となった。私は2区辻清人候補と、14区松島みどり候補の二人を抱えることになり、毎日その応援に駆け巡ってきた。

その上、東京都連の選対総本部長に就き、都内25人の候補者全体を支える総責任者になり、想像を超える忙しさと神経を張り詰める毎日となった。

苦しくとも全力で頑張れば必ず成果は上がると、まさに禅の言葉の「刻苦光明」を信じて頑張って来た。

最近のマスコミ報道を見ると、自民党の状況はよくて、公明党と300議席を超える勢いとある。しかし、選挙前のこんな記事は当てに出来ない。かつて橋本龍太郎内閣の時、参議院選挙で圧勝と書かれて、結果は敗北となったことを鮮明に覚えている。マスコミの「ほめ殺し」で禍根を残すまいとかえって緊張している。

松島みどり候補は当選5回のベテランで、さすがに安定していてもう一息のところまで来ている。演説会や街頭演説などで応援する度に必ず礼の電話が入るなど女性らしいこころ遣いがある。

辻清人候補の場合、各社の世論調査を見ても拮抗していて、最後まで厳しい状況が続いている。希望の党は小池人気がすっかり薄れ、その上候補者がお粗末でもはや敵ではないが、相手は立憲民主党の候補者だ。小池氏の「排除の論理」ですっかり同情論が広がり、枝野代表の人気が沸騰、野党第一党になるかと言われている。この出来立ての党はリベラル派といわれて、自由主義かと錯覚されがちだが、旧来からの完全な左派で、共産党が候補者を下してまで応援しているのだから、むしろその同列と見ていい。ここを有権者に知ってもらうことが大事なのだ。

2区の立憲民主党の候補者は、新人で別に演説会を開くわけでもなく、地元を回るかぎり派手な動きは見られない。しかし、何故かマスコミ上は支持率が高く激しく競り合っているという。「風」というのは恐ろしいもので、こんな「風」に振り回されて万が一のことがあったら、政治にとって完全なマイナスである。北朝鮮の脅威が続くなか、自公連立の安定した政権こそ必要で、このことを終わりまで必死に訴えていきたいと思っている。

投票日は台風前日、保守系有権者は雨に弱いといわれる。何とか皆で投票に行って欲しい。「刻苦光明」・・・この言葉を信じて果報を待ちたい。