深谷隆司の言いたい放題第738回

 「純な、晴れやかなことば」


劇団を指揮し、「ゴロゴロ会館」などで、かつての浅草で流行った昔風の芝居を演出興行する友人がいる。私が書いた「本当はすごい日本人(幻冬社)」を贈ったら、いかにも書きなれた、齢を感じる素敵な文字で早速丁寧な手紙を送ってくれた。

「本当はすごい日本人」拝読しました。日本人の精神史として理解しました。鉄道の線路の図のようにシロとクロが継っているように、歴史のなかで知らなかったことと知っていることが交錯しています。それをきちんと整理されて、知らない事やおぼろに記憶していたことが判って、はじめて輪郭がはっきりしました。深谷さんの宇宙は、こうした歴史を紡ぐ作業をされて構築していったものと理解しました。

小学校四年の私は田舎の学校で、当時東京から来た(疎開された)国語の先生に、日本人はこうなんだと力説されたことを詳細に記憶していますが、それこそ深谷さんが力説されている日本人の精神力の美しさを憧憬をもって説いてくれ、私はひどく感動したものでした。

あれ以来、日本人の素晴らしさを説く人に出会ったことがありません。純な、そして晴れやかなことばに、久しぶりに出会いました。ありがとうございました。

前文は省略したが、学童疎開で行った信州湯田中でのこと、昭和20年大空襲の凄まじい戦争のことなどが瀟洒な文で書かれていた。

同世代の友人たちは、一人ずつ欠けていくようにこの世を去っているが、この手紙を読みながら、過ぎ去った時代を振り返り、共通の思いを抱いている友人の心を感じ、思わず胸が熱くなった。


今日(1017日)の新聞を見ると各社とも「自民党は300議席をうかがう」など、威勢のいい記事が躍っている。衆議院の終盤情勢の調査の結果だが、われわれにとって決して嬉しい記事とはいえない。「褒め殺し」ではないが、投票前のこんな予想は迷惑千万で、逆に支持が退いてしまうおそれが出て、かえって心配が募るばかりなのだ。

「希望の党」は小池知事の無責任な言動で急速にしぼんでいることは確かだが、一方で「立憲民主党」が同情票を集めて野党第一党かと言われている。

私の地元で辻清人候補が頑張っているが、ここでは共産党と組んだ立憲民主党の候補が侮れない動きになっている。希望の党の反自民の層があちらに流れているとも言われていて、油断ならない。

北朝鮮の脅威など、日本の安全が脅かされている時、リベラルとは名ばかりの共産主義勢力に負けてはならない。

自公連立の安定した政権をしっかり構築すること以外に、日本の安全は守れない。

自民党都連の選対総本部長として全都の選挙の指揮をとりつつ、地元の2区辻清人候補、14区の松島みどり候補の当選のために、今必死の努力を重ねている。

連日、多くの聴衆に囲まれながら、純な、晴れやかなことばを意識しつつ、獅子吼している82歳なのである。