深谷隆司の言いたい放題第732回

 「多事多端」


都議選の雪辱を果たすため、和泉ひろし君は4年後に向けて再出発したが、そんな彼を支えるために敢えて私の秘書になってもらった。政界を引退して今更秘書は必要ないのだが、いわば私の話し相手だ。早速ゴゴスマ出演で名古屋まで同行してもらったが、自分の歳を考えると安心感があってよかった。勿論7割は自分の選挙活動で過ごすよう言ってある。

留守を託して、倅隆介一家とハワイ旅行を楽しんだ。20年ぶりのハワイだが孫達と過ごすだけで、家内と私、大満足であった。

相変わらず食い道楽の私たち、毎夕、レストランに通い美味と酒を楽しんだ。中でも、もっとも印象的であったのが柳寿司で、なんとここには世界の有名人に混じって私の写真が昔のまま在ったのだ。総務会長時代の色紙も飾られていたが、思い返せば19年ぶりのことである。超満員の店だが店主は大歓迎で、昔のあれこれで話が弾んだ。

わずか4泊だったが素晴らしい旅であった。


帰国すると、下村都連会長から連絡があった。彼の辞任に伴って役員選挙が行われるが、「会長選考あり方検討委員会」が支部長常任総務会で作られ、その委員長に私が満場一致で決まったとのことであった。

ややこしいことはもう沢山と思っているのだが、みんなの総意ならやむを得ない、無理難題を承知で引き受けることにした。


いよいよ、私の著書「本当はすごい日本人」が出版され、各書店に出されたという。徳真会の松村先生や柔道の山下泰裕氏が推薦文を書き、出版元の幻冬舎が特に力を入れているから、きっと多くの人に読んで貰えると思う。

私が塾長をつとめる「温故知新塾」で、1年間、語り続けた内容だが、学校で教えない日本の真実の歴史、神代の時代から営々と続く日本人の素晴らしい生き様を、自分の遺書のつもりで心をこめて書いている。出足は好調のようで近く新聞広告も出る。期待で今私の胸は弾んでいる。


帰国した翌日、北朝鮮がミサイルを発射し、日本を通過して太平洋に落下したとの報で大騒ぎとなっていた。無知無謀な金正恩、米領グアム沖へのミサイル発射計画を公表していたが、トランプ政権の迎撃や報復を恐れたのだ。日本なら、事前通告無しのミサイル発射という暴挙を仕掛けても、絶対に攻撃される心配がないと見越してのこと、なめられたものである。

果たして米国は、自国の犠牲を覚悟してまで日本を守ってくれるだろうか。

 日米の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会がワシントンで開かれたが、河野・小野寺新コンビは頑張って成果を挙げたと思う。しかし、肝心なことは、北朝鮮の脅威に対して日米が守りあう態勢をとることが出来るかだ。

その為には集団的自衛権の行使を含む自衛隊の役割拡大、ミサイル防衛のための陸上配備型「イージス・アショア」の早期導入、敵基地攻撃能力導入、防衛費増額など日本自らが防衛力強化に動かなければならない。

それが出来るのか、これは安倍政権にとって重大な試金石であり、国民の理解と覚悟の問題なのである。

北朝鮮の暴挙をただ驚き騒ぐだけではいけない。この機会に、皆で国家国民の安全について真剣に取り組む必要があると強く思っている。