第727回「戦い済んで平時の暮らし」

 深谷隆司の言いたい放題第727回

 「戦い済んで平時の暮らし」


引退して随分経つのに、自民党政経塾、温故知新塾、講演や大学の講義等で忙しく、その上、次々と後輩達の選挙に追われ、あっという間に日々が過ぎ去っていく。選挙も勝てばいいが、今度の都議選のように記録的惨敗になると、特に身近の落ちた人が気の毒で、一緒に悲しみ、空しい思いに駆られる。

台東区のいずみひろし君の場合、こんないい人が何で落ちたのか悔しいが、再起のためにどうしたらいいか考えなくてはいけない。友人にも頼んで取り敢えず私の秘書も兼ねてもらい、何とか日々の糧だけは確保するようにした。

12日は恵理の家「おもてなし教室」で、区長はじめ区議夫婦全員を招いて「いずみ激励会」を開いた。8月には自民党支部幹部や選対幹部と一堂に会し、「再出発の会」を開く予定だ。選挙前から公言していたように、ここで辻清人代議士と自民党台東総支部長はバトンタッチしてもらう。

一方の文京区なかや文孝君、僅少差で危なかったが勝てば官軍だ。私たちを招いてくれたり、打ち上げも自分でやってくれるからありがたい。

中央区の石島ひでき君については自民党中央支部が全ての段取りをつけてくれる。彼も苦労した。私も色々な角度から今後も支えていきたいと思っている。


懸案の私の新刊「すばらしい日本人(仮題)」の最終仕上げは、選挙ですっかり遅れたが、幻冬舎からはっぱをかけられ、目下必死に取り組んでいる。なにしろ神話から始まって現代に至る膨大な歴史の歩みを書いているので、つい張り切って予定の頁数をはるかに超えてしまった。どう削るか、これが難事業なのである。

徳真会松村先生から依頼の「黄龍・昇り龍」も、やっと下書きに取り掛かったが、300号(たたみ6畳)の超特大の絵だけに初体験、どうなるか分からないが、9月中には完成させたいと秘かに胸を熱くし、張り切っている。


すっかり家族にも苦労をかけたが、せめて連休は家族サービスと、15日は孫達一同引き連れて横浜へ。いつものように元町を散策し、馴染みの店で買い物、後は中華料理を堪能した。翌日も全員で映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を観賞、その後強烈な要望を受け、カラオケ屋に繰り出した。孫達の歌はさっぱり分からず熱唱を聞きながら白河夜船、「今度はおじいちゃん」と起こされて私も歌う。家内や娘達のリクエストはもっぱら往年の歌謡曲、ディックミネの「夜霧のブルース」から始まって後はやっぱり石原裕次郎シリーズであった。歌は衰えていない?

戦い済んで、ようやく平時の暮らしに戻った。やっぱりこちらの方が楽しい。